Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

parallel.gpu.RandStream.list

GPU の乱数発生器アルゴリズム

説明

parallel.gpu.RandStream.list は、parallel.gpu.RandStreamまたはparallel.gpu.RandStream.createで乱数ストリームを作成するときに使用可能な発生器アルゴリズムをリストします。

すべて折りたたむ

parallel.gpu.RandStream.list を使用すると、MATLAB® は使用可能な乱数発生器のリストを表示します。

parallel.gpu.RandStream.list
The following random number generator algorithms are available:
 
MRG32K3A:         Combined multiple recursive generator (supports parallel streams)
Philox4x32_10:    Philox 4x32 generator with 10 rounds (supports parallel streams)
Threefry4x64_20:  Threefry 4x64 generator with 20 rounds (supports parallel streams)

これらの各発生器は、複数の並列ストリームをサポートしています。

キーワード発生器複数のストリームとサブストリームのサポート完全精度での近似周期
'Threefry' または 'Threefry4x64_20'Threefry 4x64 発生器、20 ラウンドあり2514 (長さが 2258 の 2256 個のストリーム)
'Philox' または 'Philox4x32_10'Philox 4x32 発生器、10 ラウンドあり2193 (長さが 2129 の 264 個のストリーム)
'CombRecursive' または 'mrg32k3a'結合多重再帰発生器あり2191 (長さが 2127 の 263 個のストリーム)

GPU および CPU での乱数発生の違いの詳細については、GPU 上の乱数ストリームを参照してください。

R2011b で導入