ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

parallel.defaultClusterProfile

既定のクラスター プロファイル調べる、または設定する

構文

p = parallel.defaultClusterProfile
oldprofile = parallel.defaultClusterProfile(newprofile)

説明

p = parallel.defaultClusterProfile は既定のクラスター プロファイルの名前を返します。

oldprofile = parallel.defaultClusterProfile(newprofile) は既定のプロファイルを newprofile に設定し、前の既定のプロファイルを返します。後で既定のプロファイルを再度設定できるよう、古いプロファイルを保管しておくと便利です。

既定のプロファイルが削除されているか未設定である場合、parallel.defaultClusterProfile は既定のプロファイルとして 'local' を返します。

変更したプロファイルを保存するには、クラスター オブジェクトで saveProfile または saveAsProfile メソッドを使用します。プロファイルの作成、削除、インポートおよび変更を行うには、MATLAB デスクトップの [ホーム] タブの [環境] 領域で、[並列][クラスターの作成と管理] を選択してクラスター プロファイル マネージャーを使用します。

使用可能なすべてのプロファイルの名前を表示し、そのリストの先頭のプロファイルを既定として設定します。

allProfiles = parallel.clusterProfiles
parallel.defaultClusterProfile(allProfiles{1});

まず、'MyProfile' というプロファイルを既定値に設定し、次いで、'Profile2' というプロファイルを既定値に設定します。

parallel.defaultClusterProfile('MyProfile');
oldDefault = parallel.defaultClusterProfile('Profile2');
strcmp(oldDefault,'MyProfile') % returns true

R2012a で導入