Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

clear

MATLAB ワークスペースからオブジェクトを削除する

構文

clear obj

引数

obj

オブジェクト、またはオブジェクトからなる配列

説明

clear obj は MATLAB® ワークスペースから obj を削除します。

メモ

clearを使用する場合は、parforspmd ではなくparfevalOnAllを使用してください。これにより、ワークスペースのparfor ループまたは spmd ステートメント内での透過性の確保が維持されます。

この例では、MATLAB ジョブ スケジューラ jm に 2 つのジョブ オブジェクトを作成します。MATLAB ワークスペースにおけるこれらのジョブ オブジェクトの変数は job1job2 です。job1 は新しい変数 job1copy にコピーされ、その後、job1job2 は MATLAB ワークスペースから消去されます。次に、ジョブ オブジェクトが、ジョブ オブジェクトの Jobs プロパティから j1 および j2 としてワークスペースに復元されます。そして、MATLAB ジョブ スケジューラの最初のジョブは job1copy と同じであるが、2 番目のジョブは同じでないことが示されます。

c = parcluster();
delete(c.Jobs) % Assure there are no jobs
job1 = createJob(c);
job2 = createJob(c);
job1copy = job1;
clear job1 job2;
j1 = c.Jobs(1);
j2 = c.Jobs(2);
isequal (job1copy,j1)
ans =
     1
isequal (job1copy,j2)
ans =
     0

ヒント

obj がクラスターのオブジェクトを参照している場合、オブジェクトはワークスペースから消去されますが、クラスターには残ります。ワークスペースに obj を復元するには、関数 parclusterfindJob または findTask を使用するか、あるいは Jobs または Tasks プロパティを使います。

R2006a より前に導入