ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

classUnderlying

gpuArray または分散配列内の要素のクラス

構文

C = classUnderlying(D)

説明

C = classUnderlying(D) は gpuArray または分散配列 D 内に含まれる要素のクラスの名前を返します。MATLAB 関数 class と同様に、データのクラスを示す文字ベクトルを返します。

gpuArray の要素のクラスを調べます。

N  = 1000;
G8 = ones(1,N,'uint8','gpuArray');
G1 = NaN(1,N,'single','gpuArray');
c8 = classUnderlying(G8)
c1 = classUnderlying(G1)
c8 =

uint8

c1 =

single

分散配列の要素のクラスを調べます。

N  = 1000;
D8 = ones(1,N,'uint8','distributed');
D1 = NaN(1,N,'single','distributed');
c8 = classUnderlying(D8)
c1 = classUnderlying(D1)
c8 =

uint8

c1 =

single

R2013b で導入