ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

isaUnderlying

分散配列の基になる要素が指定されたクラスである場合に true を返す

構文

TF = isaUnderlying(D, 'classname')

説明

分散配列または対話型分散配列 D の要素が classname のインスタンスかまたは classname から派生したクラスのインスタンスである場合、TF = isaUnderlying(D, 'classname') は true を返します。isaUnderlyingclassname に対し、MATLAB® の関数 isa でサポートされているものと同じ値をサポートします。

N = 1000;
D_uint8  = ones(1,N,'uint8','distributed');
D_cell   = distributed.cell(1,N);
isUint8  = isaUnderlying(D_uint8,'uint8') % returns true
isDouble = isaUnderlying(D_cell,'double') % returns false

参考

R2010a で導入