Main Content

soundsc

データをスケーリングし、音声として再生

説明

soundsc(y) は、音声信号 y の値を –1.0 ~ 1.0 の範囲に収まるようにスケーリングし、そのデータを既定のサンプル レート 8192 Hz でスピーカーに送信します。soundsc は最初にデータをスケーリングすることによって、クリッピングせずに可能な限り大きな音でオーディオを再生します。データのダイナミック レンジの平均は、0 に設定されます。

soundsc(y,Fs) は、音声信号 y を、サンプル レート Fs でスピーカーに送信します。

soundsc(y,Fs,nBits) は、音声信号 y に対し、サンプルあたり nBits ビットを使用します。

soundsc(___,yRange) は、yRange が形式 [low,high] のベクトルである場合、lowhigh の間の y の値を音声範囲全体 [-1.0,1.0] に線形にスケーリングします。[low,high] の範囲外の値は [-1.0,1.0] を超えてスケーリングされます。yRange は、前述の構文のすべての入力引数と共に使用できます。

すべて折りたたむ

レート Fs のサンプル データ y を含むサンプル ファイル gong.mat を読み込み、オーディオを再生します。

load gong.mat;
soundsc(y);

録音されたサンプル レートの倍で、ヘンデルの "ハレルヤ コーラス" の一部を再生します。

load handel.mat;
soundsc(y, 2*Fs);
load handel.mat;
nBits = 16;
soundsc(y,Fs,nBits);

MATLAB® は、スケーリングしたオーディオをサンプルあたり 16 ビットのビット深度で再生します。

load handel.mat;
yRange = [-0.7,0.7];
soundsc(y,yRange);

入力引数

すべて折りたたむ

オーディオ データ。単一チャネル (モノ) 音声用の m 行 1 列のベクトルまたはステレオ再生用の m 行 2 列の行列として指定されます。ここで m はオーディオ サンプル数です。ym 行 2 列の行列である場合、1 列目は左チャネルに対応し、2 列目は右チャネルに対応します。ステレオ再生はシステムでサポートされている場合、利用可能です。

データ型: double

オーディオ データ y のサンプル レート (Hz 単位)。1000 から 384000 までの正の数値として指定します。有効な値は、MATLAB® で使用できるサンプル レートと、システム上の特定のオーディオ ハードウェアの両方によって決まります。MATLAB には 1000 Hz <= Fs <= 384000 Hz の厳しい制限がありますが、ハードウェアに依存する追加の制限が適用されます。

データ型: single | double

サンプル値のビット深度。整数配列として指定されます。有効な値は、取り付けられているオーディオ ハードウェアに依存します。ほとんどのプラットフォームは、8 ビットまたは 16 ビットのビット深度をサポートしています。

スケーリング対象のオーディオ データ範囲。フォーム [low,high] の 2 要素ベクトルとして指定されます。ここで low および high は範囲の下限と上限です。[-1.0, 1.0] を超えてスケーリングされた y の値は、サウンド デバイスでの再生時にクリップされます。

例: [-0.8,0.8]

データ型: double

制限

  • soundscMATLAB Online™ または MATLAB Web App Server™ で使用する際、soundscnBits を無視します。代わりに、出力オーディオ デバイスのサンプルあたりの既定のビット数を使用してオーディオ データが再生されます。

詳細

すべて折りたたむ

MATLAB Online または MATLAB Web App Server を使用する場合のセキュリティに関する考慮事項

MATLAB Online または MATLAB Web App Serversoundsc を使用している場合は、特定の機能と設定がプライバシーの管理に役立ちます。

望ましくないアプリケーションでマイクが使用される可能性を低減するには、オーディオ デバイスへの自動アクセスをオフにします。これらの設定はいつでも変更できます。Web サイトへのアクセス許可を一度付与すると、以降にそのサイトを訪問する際、自動的にブラウザーがマイクにアクセス可能になる場合があります。 Google Chrome のブラウザー設定を使用して、最初にアクセスを許可した後に特定のサイトに対するアクセスを取り消します。

Google Chrome でプライベート ブラウジング モードを使用して MATLAB Online Web サイトまたは MATLAB Web App Server にアクセスすることもできます。これを行うと、Chrome™ では、ブラウザー設定に関係なく、MATLAB Online サイトまたは MATLAB Web App Server を開いて soundsc を実行するたびにマイクにアクセスする権限を自動的に求められます。

ヒント

  • 関数 sound は、すべての Windows® プラットフォームとほとんどの UNIX® プラットフォームのサウンド デバイスをサポートしています。

  • ほとんどのサウンドカードは、5 ~ 48 kHz のサンプル レートをサポートしています。この範囲外のサンプル レートを指定すると、予期せぬ結果が発生する可能性があります。

  • MATLAB OnlineMATLAB Web App Server でのオーディオ再生は Google Chrome™ でサポートされます。

バージョン履歴

R2006a より前に導入