Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

audiowrite

オーディオ ファイルの書き込み

説明

audiowrite(filename,y,Fs) はオーディオ データ y の行列を、サンプル レート Fsfilename というファイルに書き込みます。filename 入力では、出力ファイルの形式も指定します。出力データ型は、出力ファイルの形式とオーディオ データ y のデータ型によって決まります。

audiowrite(filename,y,Fs,Name,Value) は、1 つ以上の Name,Value のペアの引数によって指定された追加オプションを使用します。

すべて折りたたむ

例のファイル handel.mat から WAVE ファイルを作成し、この WAVE ファイルを再び MATLAB® 内に読み取ります。

現在のフォルダーに WAVE (.wav) ファイルを書き込みます。

load handel.mat

filename = 'handel.wav';
audiowrite(filename,y,Fs);
clear y Fs

audioread を使用してデータを再び MATLAB 内に読み取ります。

[y,Fs] = audioread(filename);

オーディオを再生します。

sound(y,Fs);

例のファイル handel.mat から FLAC ファイルを作成し、サンプルごとの出力ビット数とコメントを指定します。

load handel.mat

filename = 'handel.flac';
audiowrite(filename,y,Fs,'BitsPerSample',24,...
'Comment','This is my new audio file.');
clear y Fs

関数 audioinfo を使用して、新しい FLAC ファイルの情報を表示します。

info = audioinfo(filename) ;

info 構造体には、次の情報フィールドが含まれます。FilenameCompressionMethodNumChannelsSampleRateTotalSamplesDurationTitleCommentArtist および BitsPerSample

入力引数

すべて折りたたむ

書き込むファイルの名前またはその絶対パス。ファイル拡張子を含む文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。パスを指定する場合は、絶対パスまたは相対パスを使用できます。パスを指定しない場合、書き込み先のディレクトリは現在の作業ディレクトリになります。

audiowrite は次のファイル形式をサポートします。

サポートされているプラットフォームファイル形式
すべてのプラットフォームWAVE (.wav)
OGG (.ogg)
FLAC (.flac)
Windows® および MacMPEG-4 AAC (.m4a.mp4)

例: 'myFile.m4a'

例: '../myFile.m4a'

例: 'C:\temp\myFile.m4a'

Windows 上で AAC ファイルを書き込むと、audiowrite は出力信号の前と後にサイレンス サンプルを追加してパディングします。また、Windows AAC エンコーダーでは、オーディオに非常にくっきりしたフェード インおよびフェード アウトが配置されます。これにより、ディスク書き込み後のオーディオのサンプル数が増大します。

データ型: char | string

書き込み対象のオーディオ データ。m x n の実数行列として指定します。ここで、m は書き込み対象のオーディオ サンプル数、n は書き込み対象のオーディオ チャネル数です。

mn のいずれかが 1 の場合、audiowrite は、この次元がオーディオ チャネル数を、他方の次元がオーディオ サンプル数を指定するものとします。

チャネルの最大数はファイル形式によって異なります。

ファイル形式チャネルの最大数
WAVE (.wav)1024
OGG (.ogg)255
FLAC (.flac)8
MPEG-4 AAC (.m4a.mp4)2

y のデータの有効範囲は y のデータ型によって決まります。

y のデータ型y の有効な範囲
uint80 ≤ y ≤ 255
int16-32768 ≤ y ≤ +32767
int32-2^31 ≤ y ≤ 2^31–1
single-1.0 ≤ y ≤ +1.0
double-1.0 ≤ y ≤ +1.0

有効範囲外のデータは取り込まれません。

ysingle または double の場合、y のオーディオ データは −1.0 ~ 1.0 の範囲 (両端を含む) 内の値に正規化されなければなりません。

データ型: single | double | int16 | int32 | uint8

オーディオ データ y のサンプル レート (Hz)。0 より大きい正の整数スカラーとして指定します。audiowrite が Windows プラットフォームの .m4a または .mp4 ファイルに書き込む場合、44100 と 48000 のサンプル レートのみがサポートされます。

例: 44100

データ型: double

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: 'Title','Symphony No. 9','Artist','My Orchestra' は、タイトルが「Symphony No. 9」でアーティスト情報が「My Orchestra」のオーディオ ファイルを書き込むように、audiowrite に指示します。

サンプルごとの出力ビット数。コンマ区切りの 'BitsPerSample' と整数のペアとして指定します。

WAVE (.wav) および FLAC (.flac) ファイルでのみ使用可能です。FLAC ファイルの場合は、サンプルあたり 8、16 または 24 ビットのみがサポートされます。

例: 'BitsPerSample',32

コンマ区切りの 'BitRate' と整数のペアとして指定する、圧縮オーディオ ファイルで使用される 1 秒あたりのキロビット数 (kbit/s)。Windows 7 以降で有効な値は、96、128、160、および 192 のみです。

一般に、BitRate の値が大きいほど、圧縮品質も高くなります。

MPEG-4 (.m4a.mp4) ファイルでのみ使用可能です。

例: 'BitRate',96

コンマ区切りの 'Quality' と [0 100] の範囲内の数値のペアとして指定する、Ogg Vorbis 圧縮器の品質設定。ここで、0 では低品質で高圧縮、100 では高品質で低圧縮となります。

OGG (.ogg) ファイルでのみ使用可能です。

例: 'Quality',25

タイトル情報。'Title' と、文字ベクトルまたは string スカラーで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

データ型: char | string

アーティスト情報。'Artist' と、文字ベクトルまたは string スカラーで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

データ型: char | string

追加情報。'Comment' と、文字ベクトルまたは string スカラーで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

データ型: char | string

メモ

Mac プラットフォームで、audiowrite は WAVE、OGG、および FLAC ファイルにのみメタデータを書き込みます。MPEG-4 AAC ファイルには 'Title''Author'、または 'Comment' のフィールドを書き込みません。

アルゴリズム

出力のデータ型はファイル形式 y のデータ型および指定した出力 BitsPerSample によって決まります。

ファイル形式y のデータ型出力 BitsPerSample出力データ型
WAVE (.wav)、 uint8, int16, int32, single, double8uint8
16int16
24int32
uint8, int16, int3232int32
single, double32single
single, double64double
FLAC (.flac)uint8, int16, int32, single, double8int8
16int16
24int32
MPEG-4 (.m4a.mp4)、
OGG (.ogg)
uint8, int16, int32, single, doubleN/Asingle
R2012b で導入