Main Content

audioinfo

オーディオ ファイルに関する情報

説明

info = audioinfo(filename) は、filename で指定されたオーディオ ファイルの内容に関する情報を返します。

すべて折りたたむ

例のファイル handel.mat から WAVE ファイルを作成し、そのファイルの情報を取得します。

現在のフォルダーに WAVE (.wav) ファイルを作成します。

load handel.mat
filename = 'C:\Temp\handel.wav';
audiowrite(filename,y,Fs);
clear y Fs

audioinfo を使用して WAVE ファイルの情報を返します。

info = audioinfo(filename)
info = 

  struct with fields:

             Filename: 'C:\Temp\handel.wav'
    CompressionMethod: 'Uncompressed'
          NumChannels: 1
           SampleRate: 8192
         TotalSamples: 73113
             Duration: 8.9249
                Title: []
              Comment: []
               Artist: []
        BitsPerSample: 16

入力引数

すべて折りたたむ

ファイルの名前。ファイル拡張子を含む文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

ファイルの場所によって、filename は次のいずれかの形式をとります。

現在のフォルダー

ファイル名を filename で指定します。

例: 'sample_audio.wav'

その他のフォルダー

ファイルが現在のフォルダーまたは MATLAB® パス上のフォルダーにない場合は、filename に絶対パス名または相対パス名を指定します。

例: 'C:\myFolder\myFile.sample_audio.wav'

例: 'myFolder\sample_audio.mp3'

インターネット URL

ファイルをインターネットの Uniform Resource Locator (URL) として指定する場合、filename には 'http://' または 'https://' のプロトコル タイプが含まれていなければなりません。

例: 'http://hostname/path_to_file/sample_audio.mp3'

リモートの場所

リモートの場所に保存されたファイルの場合、filename は次の形式で指定されたファイルの絶対パスを含まなければなりません。

scheme_name://path_to_file/my_file.ext

リモートの場所に基づいて、scheme_name には次の表の値のいずれかを指定できます。

リモートの場所scheme_name
Amazon S3™s3
Windows Azure® Blob Storagewasb, wasbs
HDFS™hdfs

詳細については、リモート データの操作を参照してください。

例: 's3://bucketname/path_to_file/sample_audio.mp3'

例: 'myFile.mp3'

例: '../myFile.mp3'

例: 'C:\temp\myFile.mp3'

audioinfo は次のファイル形式をサポートします。

サポートされているプラットフォームファイル形式
すべてのプラットフォームAIFC (.aifc)
AIFF (.aiff.aif)
AU (.au)
FLAC (.flac)
OGG (.ogg)
OPUS (.opus)
WAVE (.wav)
Windows® 7 以降、Macintosh、および Linux®MP3 (.mp3)
MPEG-4 AAC (.m4a.mp4)

Windows 7 以降のプラットフォームでは、audioinfo は Windows Media® Foundation によってサポートされるすべてのファイルの内容に関する情報も返すことができます。

Linux のプラットフォームでは、audioinfo は GStreamer によってサポートされるすべてのファイルの内容に関する情報も返すことができます。

audioinfo は、Windows 7 以降、macOS 10.7 Lion 以上、および Linux 上の MPEG-4 (.mp4.m4v) ビデオ ファイルから、また Windows 7 以降および Linux プラットフォーム上の Windows Media ビデオ (.wmv) および AVI (.avi) ファイルから、オーディオ メタデータを抽出できます。

データ型: char | string

出力引数

すべて折りたたむ

構造体として返される、オーディオ ファイルに関する情報。info には次のフィールドがあります。

フィールド名説明データ型
Filenameファイルの絶対パスと拡張子を含むファイル名。character vector
CompressionMethod圧縮法が使用されます。 character vector
NumChannelsオーディオ ファイルにエンコードされているオーディオ チャネルの数。double
SampleRateファイルのオーディオ データのサンプル レート (Hz)。double
TotalSamplesファイル内のオーディオ サンプルの合計数。double
Durationオーディオ ファイルの再生時間 (秒)。double
BitsPerSample

オーディオ ファイルにエンコードされているサンプルごとのビット数。

WAVE (.wav) および FLAC (.flac) ファイルでのみ有効です。

double
BitRate

圧縮オーディオ ファイルで使用される、1 秒あたりのキロビット数 (kbit/s)。

MP3 (.mp3) および MPEG オーディオ (.m4a.mp4) ファイルでのみ有効です。

double
Title'Title' の値 (存在する場合)。character vector
Artist'Artist' の値 (存在する場合)。character vector
Comment'Comment' の値 (存在する場合)。character vector

メモ

Mac プラットフォームでの BitRate プロパティは実際のビット レートを返し、エンコードされたビット レートは返しません。つまり、ソース データによっては、ビット レートがエンコード時に指定された値より小さくなる場合があるということです。

メモ

Mac プラットフォームの場合、audioinfomacOS 10.7 Lion 以上でのみ、.m4a ファイルおよび .mp4 ファイルのメタデータを返します。旧バージョンの macOS では 'Title''Author''Comment' の各フィールドが読み取られません。

制限

  • Windows 7 以降および Linux プラットフォーム上の MP3 および MPEG-4 AAC オーディオ ファイルでは、audioinfo は想定より少ないサンプル数をレポートする可能性があります。Linux プラットフォームの場合、これは基盤となる GStreamer フレームワークの制限によるものです。

  • Linux プラットフォームでは、audioinfo は MPEG-4 AAC ファイルの 1 つのチャネル データをステレオ データとして解釈します。

バージョン履歴

R2012b で導入