ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

fopen (serial)

シリアル ポート オブジェクトをデバイスに接続

構文

fopen(obj)

説明

fopen(obj) は、シリアル ポート オブジェクト obj をデバイスに接続します。

次の例では、シリアル ポート オブジェクト s を作成し、fopen を使用して s をデバイスに接続してテキスト データの書き込みと読み込みを行った後、s をデバイスから切断します。この例は、Windows® プラットフォーム上で使用できます。

s = serial('COM1');
fopen(s)
fprintf(s,'*IDN?')
idn = fscanf(s);
fclose(s)

ヒント

読み取り操作または書き込み操作を行うには、obj は関数 fopen を使用してデバイスに接続されている必要があります。obj をデバイスに接続すると、以下のようになります。

  • 入力バッファーまたは出力バッファーに残るデータがフラッシュされます。

  • Status プロパティは、open に設定されます。

  • BytesAvailableValuesReceivedValuesSent、および BytesToOutput プロパティは 0 に設定されます。

obj がデバイスに接続されていないときに読み込み/書き込み操作を行うと、エラーが返されます。1 つのデバイスに接続できるのは、1 つのシリアル ポート オブジェクトのみです。

プロパティの中には、シリアル ポート オブジェクトが開いている間は読み取り専用になるプロパティがあります。また、fopen を使用する前に設定する必要があるプロパティもあります。この例には、InputBufferSizeOutputBufferSize が含まれています。制約のあるプロパティを識別するには、プロパティのリファレンス ページを参照してください。

プロパティの値の中には、obj がデバイスに接続されてからのみ検証される値があるプロパティがあります。これらのプロパティのいずれかが正しく設定されていない場合、fopen の発行時にエラーが返され、obj はデバイスに接続されません。このタイプのプロパティは、BaudRate を含んでおり、デバイスの設定と関連付けられています。

R2006a より前に導入