最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

fclose (serial)

(非推奨) デバイスからシリアル ポート オブジェクトを切断

このオブジェクト関数 serial は推奨されません。代わりにオブジェクト関数 serialport を使用してください。互換性についての考慮事項を参照してください。

構文

fclose(obj)

説明

fclose(obj) は、obj をデバイスから切断します。ここで、obj はシリアル ポート オブジェクトまたはシリアル ポート オブジェクトの配列です。

次の例では、シリアル ポート オブジェクト s を Windows® プラットフォーム上に作成し、s をデバイスに接続して、テキスト データの書き込みおよび読み取りを実行した後、fclose を使用して s をデバイスから切断します。

s = serial('COM1');
fopen(s)
fprintf(s, '*IDN?')
idn = fscanf(s);
fclose(s)

この時点では、デバイスはシリアル ポート オブジェクトの接続に使用できる状態です。s を使用する必要がなくなった場合、関数 delete を使用してメモリから、clear コマンドを使用してワークスペースからそれぞれ削除する必要があります。

ヒント

obj が切断された場合、Status プロパティは closed になり、RecordStatus プロパティは off になります。obj をデバイスに再接続するには、関数 fopen を使用できます。

データの非同期的な書き込み中に fclose を実行すると、エラーが発生します。この場合、関数 stopasync を使用して書き込み操作を停止するか、または書き込み操作が完了するまで待機する必要があります。

互換性についての考慮事項

すべて展開する

R2019b での開始は非推奨

参考

関数

R2006a より前に導入