ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

nzmax

行列内の非ゼロ要素に対して割り当てられるストレージの総量

構文

n = nzmax(S)

説明

n = nzmax(S) は、スパース行列 S の非ゼロ要素に割り当てられたストレージの量を返します。スパース行列では nzmax(S) >= 1 です。

  • S が非スパース行列の場合、nzmax(S)prod(size(S)) と等しくなります。

nnz(S)nzmax(S) は、しばしば一致します。しかし、スパース行列の乗算やスパース行列 LU 分解のように、非スパースの行列要素を出力する演算によって作成された S の場合、実際に必要とされるよりも多くのストレージが割り当てられることがあり、nzmax(S) にこれが反映されます。代わりに、sparse(i,j,s,m,n,nzmax) や簡略化した型の spalloc(m,n,nzmax) は、処理後の行列がスパースか非スパースかを予想して関数 nzmax を設定できます。

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

参考

| | | | |

R2006a より前に導入