ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

nthroot

説明

Y = nthroot(X,N) は、X の要素の実数の n 乗根を返します。XN は共に実数のスカラーまたは同じサイズの実数配列でなければなりません。X の要素が負の場合、対応する N の要素は奇数の整数でなければなりません。

すべて折りたたむ

-27 の実数の 3 乗根を求めます。

nthroot(-27, 3)
ans = -3

比較のために (-27)^(1/3) も計算します。

(-27)^(1/3)
ans = 1.5000 + 2.5981i

結果は、-27 の複素数の 3 乗根になります。

計算する根のベクトル N を作成します。

N = [5 3 -1];

nthroot を使用して -8 の複数の実根を計算します。

Y = nthroot(-8,N)
Y = 1×3

   -1.5157   -2.0000   -0.1250

結果は、N と同じサイズのベクトルになります。

基数の行列 X と、n 乗根の行列 N を作成します。

X = [-2 -2 -2; 4 -3 -5]
X = 2×3

    -2    -2    -2
     4    -3    -5

N = [1 -1 3; 1/2 5 3]
N = 2×3

    1.0000   -1.0000    3.0000
    0.5000    5.0000    3.0000

X の各要素は N の要素に対応しています。

X の要素の実数の n 乗根を計算します。

Y = nthroot(X,N)
Y = 2×3

   -2.0000   -0.5000   -1.2599
   16.0000   -1.2457   -1.7100

(別途処理される) 符号を除いて、結果は abs(X).^(1./N) と同じです。反対に、X.^(1./N) を使用して複素根を計算できます。

入力引数

すべて折りたたむ

入力配列。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として指定します。X はスカラーまたは N と同じサイズの配列にできます。X の要素は実数でなければなりません。

データ型: single | double

計算する根。スカラーまたは X と同じサイズの配列として指定します。N の要素は実数でなければなりません。X の要素が負の場合、対応する N の要素は奇数の整数でなければなりません。

データ型: single | double

ヒント

  • 関数 power の方が数値の根の計算に関してより効果的ですが、実根と複素根の両方が存在する場合に、power は複素根のみを返します。このような場合に nthroot を使用して実根を取得します。

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

参考

|

R2006a より前に導入