Main Content

matlab.unittest.TestCase.forInteractiveUse

クラス: matlab.unittest.TestCase
パッケージ: matlab.unittest

対話型で使用する TestCase を作成

説明

tc = matlab.unittest.TestCase.forInteractiveUse は、対話型で使用する TestCase のインスタンスを作成します。コマンド プロンプトでの実験用に TestCase が構成されます。パス条件と失敗条件の両方について、画面にメッセージを出力し、検定テストに反応します。

tc = matlab.unittest.TestCase.forInteractiveUse(testclass) は、対話形式で使用する testclass クラスのインスタンスを作成します。

入力引数

testclass

matlab.unittest.TestCase サブクラスを記述する meta.class インスタンス

すべて展開する

対話型で使用する TestCase を作成します。

import matlab.unittest.TestCase;
testCase = TestCase.forInteractiveUse;

パスする検証を作成します。

testCase.verifyTrue(true, 'true should be true');
Interactive verification passed.

失敗する検証を作成します。

testCase.verifyTrue(false);
Interactive verification failed.

---------------------
Framework Diagnostic:
---------------------
verifyTrue failed.
--> The value must evaluate to "true".

Actual Value:
         0

作業フォルダー内に、ファイル ExampleTest.m を作成します。このクラスは TestCase のサブクラスで、補助検証メソッド verifySameSize を提供します。

classdef ExampleTest < matlab.unittest.TestCase
    methods
        function verifySameSize(testCase, actual, expected)
            import matlab.unittest.constraints.ReturnsTrue;
            
            diagnostic = ['Actual and expected value sizes do not match.'...
                '\nActual size: ' num2str(size(actual)) ...
                '\nExpected size: ' num2str(size(expected))];
            
            testCase.verifyThat(@()isequal(size(actual),size(expected)),...
                ReturnsTrue, sprintf(diagnostic));
        end
    end
end

コマンド プロンプトで ExampleTest クラスから対話型のテスト ケースを作成します。

tc = matlab.unittest.TestCase.forInteractiveUse(?ExampleTest);

コマンド プロンプトでテスト ケースを使用して verifySameSize メソッドを対話形式で呼び出します。

tc.verifySameSize(1:10,5)
Interactive verification failed.

----------------
Test Diagnostic:
----------------
Actual and expected value sizes do not match.
Actual size: 1  10
Expected size: 1  1

---------------------
Framework Diagnostic:
---------------------
ReturnsTrue failed.
--> The function handle should have evaluated to "true".
--> Returned value:
             0

Actual function_handle:
        @()isequal(size(actual),size(expected))

バージョン履歴

R2014a で導入