Main Content

applyFixture

クラス: matlab.unittest.TestCase
パッケージ: matlab.unittest

TestCase でのフィクスチャの使用

説明

applyFixture(testCase,fixture) は、指定されたフィクスチャを TestCase で使用できるように準備します。このメソッドは、単一の Test メソッドまたは TestCase クラスのスコープ内でフィクスチャを使用できるようにします。フィクスチャのライフ サイクルは、TestCase に関連付けられています。TestCase がスコープ外になると、テスト フレームワークはフィクスチャを破棄します。

Test メソッドまたは TestMethodSetup メソッド内で applyFixture を呼び出して、フィクスチャを現在のテスト メソッドだけに使用します。TestClassSetup メソッド内で applyFixture を使用して、クラス全体のフィクスチャをセットアップします。

f = applyFixture(testCase,fixture) は、設定後に fixture も出力として返します。

入力引数

testCase

matlab.unittest.TestCase インスタンス

fixture

matlab.unittest.fixtures.Fixture インスタンス

すべて展開する

一時フォルダーを作成して、現在の作業フォルダーにします。

classdef applyFixtureTest < matlab.unittest.TestCase
    methods(TestMethodSetup)
        function addHelpers(testCase)
            import matlab.unittest.fixtures.TemporaryFolderFixture
            import matlab.unittest.fixtures.CurrentFolderFixture
            
            % Create a temporary folder and make it the current working folder.
            tempFixture = testCase.applyFixture(TemporaryFolderFixture);
            testCase.applyFixture(CurrentFolderFixture(tempFixture.Folder));
        end
    end
end

各テスト メソッドは、一時フォルダーである現在の作業フォルダーにファイルを書き込むことができます。各テスト メソッドの実行後、テスト フレームワークは作業フォルダーを前の状態に戻し、一時フォルダーを削除します。