Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

matlab.unittest.constraints.IsEmpty クラス

パッケージ: matlab.unittest.constraints
スーパークラス: matlab.unittest.constraints.BooleanConstraint

空の値を指定する制約

構築

IsEmpty は、空の値を指定する制約を提供します。この制約は、実際の値の配列が空である場合に満たされます。

コピーのセマンティクス

値。値クラスがコピー操作に与える影響については、オブジェクトのコピーを参照してください。

すべて折りたたむ

対話型テスト用にテスト ケースを作成します。

import matlab.unittest.TestCase
import matlab.unittest.constraints.IsEmpty

testCase = TestCase.forInteractiveUse;

空の文字ベクトルが IsEmpty 制約を満たすことを検証します。

testCase.verifyThat('', IsEmpty)
Interactive verification passed.

ベクトルが空でないことをアサートします。

testCase.assertThat([13 42], ~IsEmpty)
Interactive verification passed.

長さが 0 の次元をもつ行列が空であることを検証します。

testCase.verifyThat(rand(2, 5, 0, 3), IsEmpty)
Interactive verification passed.

空のオブジェクトが IsEmpty 制約を満たすことをアサートします。

testCase.assertThat(MException.empty, IsEmpty)
Interactive assertion passed.

空の数値配列を含む cell 配列が空であることを検証します。

testCase.verifyThat({[]}, IsEmpty)
Interactive verification failed.

---------------------
Framework Diagnostic:
---------------------
IsEmpty failed.
--> The value must be empty.
--> The value has a size of [1  1].

Actual Value:
        {[]}

この cell 配列には空の配列しか含まれていませんが、空ではありません。