Main Content

matlab.unittest.constraints.HasLength クラス

パッケージ: matlab.unittest.constraints
スーパークラス: matlab.unittest.constraints.BooleanConstraint

配列が指定の長さであるかどうかをテスト

説明

matlab.unittest.constraints.HasLength クラスは、配列が指定の長さであるかどうかをテストするための制約を提供します。配列の長さは、その配列の最大次元の長さとして定義されます。

作成

説明

c = matlab.unittest.constraints.HasLength(length) は、配列が指定の長さであるかどうかをテストするための制約を作成し、Length プロパティを設定します。この制約は、配列の長さが length と等しい場合に満たされます。

プロパティ

すべて展開する

期待される配列の長さ。非負の整数スカラーとして返されます。このプロパティの値は、制約の作成時に指定します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
private

データ型: double | single | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64

すべて折りたたむ

HasLength 制約を使用して、配列の長さについてテストします。

最初に、この例で使用するクラスをインポートします。

import matlab.unittest.TestCase
import matlab.unittest.constraints.HasLength

対話型テスト用にテスト ケースを作成します。

testCase = TestCase.forInteractiveUse;

行ベクトル [1 3 5] が長さ 3 であることを検証します。

testCase.verifyThat([1 3 5],HasLength(3))
Verification passed.

配列の長さが最大次元の長さであることを検証します。

testCase.verifyThat(ones(2,5,3),HasLength(5))
Verification passed.

2 行 2 列の単位行列の長さが 2 でないかどうかをテストします。テストは失敗します。

testCase.verifyThat(eye(2),~HasLength(2))
Verification failed.
    ---------------------
    Framework Diagnostic:
    ---------------------
    Negated HasLength failed.
    --> The array must not have the specified length.
    
    Actual Value:
         1     0
         0     1
    Prohibited Length:
         2

文字ベクトルの cell 配列の長さについてテストします。テストはパスします。

C = {'Mercury','Gemini','Apollo'; 'Skylab','Skylab B','ISS'};
testCase.verifyThat(C,HasLength(3))
Verification passed.

バージョン履歴

R2013a で導入