Main Content

matlab.unittest.constraints.HasLength クラス

パッケージ: matlab.unittest.constraints
スーパークラス: matlab.unittest.constraints.BooleanConstraint

配列の必要な長さを指定する制約

構築

HasLength(lengthVal) は、配列の必要な長さを指定する制約を提供します。この制約が満たされるのは、実際の値の配列の最大次元長に、lengthVal の指定と同じ要素数がある場合です。

入力引数

lengthVal

制約を満たすために値が保持すべき長さ。

プロパティ

Count

制約を満たすために値が保持すべき長さ。このプロパティは、入力引数 lengthVal を介してコンストラクターで設定します。

コピーのセマンティクス

値。値クラスがコピー操作に与える影響については、オブジェクトのコピーを参照してください。

すべて折りたたむ

対話型テスト用にテスト ケースを作成します。

import matlab.unittest.TestCase
import matlab.unittest.constraints.HasLength

testCase = TestCase.forInteractiveUse;

2x5x3 配列が期待される長さであることをアサートします。

testCase.assertThat(rand(2, 5, 3), HasLength(5))
Interactive assertion passed.

文字ベクトルの cell 配列が期待される長さであることを検証します。

testCase.verifyThat({'SomeString', 'SomeOtherString'}, HasLength(2))
Interactive verification passed.

単位行列が期待される長さであることを検証します。

testCase.verifyThat(eye(2), HasLength(4))
Interactive verification failed.

---------------------
Framework Diagnostic:
---------------------
HasLength failed.
--> The array has an incorrect length.
    
    Actual Length:
             2
    Expected Length:
             4

Actual Array:
         1     0
         0     1

行列の長さは 2 です。