Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

removeSetting

説明

removeSetting(parentgroup,name) は、指定された親設定グループから name という設定を削除します。

すべて折りたたむ

設定グループを作成し、そのグループに新しい設定を追加します。次に、その設定を削除します。

関数 settings を使用して設定ツリーのルートにアクセスしてから、設定グループ mysettings を作成します。

s = settings;
addGroup(s,'mysettings');

設定 MyWorkAddressmysettings に追加します。

addSetting(s.mysettings,'MyWorkAddress','PersonalValue','3 Apple Hill Drive');
s.mysettings.MyWorkAddress
ans = 
  Setting 'mysettings.MyWorkAddress' with properties:
       ActiveValue: '3 Apple Hill Drive'
    TemporaryValue: <no value>
     PersonalValue: '3 Apple Hill Drive'
      FactoryValue: <no value>

設定 MyWorkAddressmysettings から削除します。

removeSetting(s.mysettings,'MyWorkAddress');
s.mysettings
ans = 
  SettingsGroup 'mysettings' with no properties.

入力引数

すべて折りたたむ

設定の削除元の親設定グループ。SettingsGroup オブジェクトとして指定します。ルートの設定グループ オブジェクトおよび利用可能なすべての設定グループにアクセスするには、関数 settings を使用します。

削除する設定の名前。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。指定された設定グループ内に name が存在しない場合、MATLAB® はエラーをスローします。

R2019b で導入