Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Setting

説明

Setting オブジェクトは、設定階層ツリー内の個別の設定を表します。

作成

個別の Setting オブジェクトにアクセスするには、関数 settings により返されるルート SettingsGroup オブジェクトを使用します。たとえば、次のコードは MaxWidth 設定にアクセスします。

s = settings
s.matlab.editor.language.matlab.comments.MaxWidth

プロパティ

すべて展開する

現在の設定値またはアクティブな設定値。ハンドル型以外の任意の型の MATLAB データとして指定します。ハンドルを含む cell 配列、struct、オブジェクトなどのデータ コンテナーもサポートされません。

アクティブな値は次のように判別されます。

  • 設定が一時的な値である場合、アクティブな値はその一時的な値です。

  • 設定が一時的な値ではなく、個人用の値である場合、アクティブな値はその個人用の値です。

  • 設定が一時的な値でも個人的な値でもなく、インストール時の値になっている場合、アクティブな値はそのインストール時の値です。

  • 設定が一時的な値でも個人用の値でもインストール時の値でもない場合、アクティブな値は出荷時の値です。

たとえば、MySetting に次の値が設定されているとします。

  • 一時的な値: 12

  • 個人用の値: 値なし

  • インストール時の値: 値なし

  • 出荷時の値: 10

この場合、MySetting のアクティブな値は、一時的な値 12 です。

一時的な設定値。ハンドル型以外の任意の型の MATLAB データとして指定します。ハンドルを含む cell 配列、struct、オブジェクトなどのデータ コンテナーもサポートされません。

一時的な値は現在の MATLAB セッションでのみ使用でき、セッション終了時にクリアされます。

設定のいくつかは 1 つの MATLAB の基本設定項目にリンクされています。ある設定が基本設定項目にリンクされている場合、設定の一時的な値を変更すると、対応する基本設定が一時的に変更されます。この基本設定は、MATLAB セッションの終了時に元の値に戻ります。基本設定の詳細については、[基本設定] ウィンドウを参照してください。

個人用の設定値。ハンドル型以外の任意の型の MATLAB データとして指定します。ハンドルを含む cell 配列、struct、オブジェクトなどのデータ コンテナーもサポートされません。

個人用の値は、個人ユーザーの複数の MATLAB セッションにまたがって保持されます。値は、変更すると基本設定フォルダーに保存されます。

設定のいくつかは 1 つの MATLAB の基本設定項目にリンクされています。設定が基本設定にリンクされている場合、設定の個人用の値を変更すると、対応する基本設定も変更されます。基本設定の詳細については、[基本設定] ウィンドウを参照してください。

インストール設定値。ハンドル型以外の任意の型の MATLAB データとして指定します。ハンドルを含む cell 配列、struct、オブジェクトなどのデータ コンテナーもサポートされません。

インストール時の値は、所定の MATLAB インストールで使用可能です。値は、変更すると MATLAB ルートに保存されます。値は複数のセッションにまたがって保持されますが、MATLAB の新しいバージョンへのアップグレードでは移行されません。

設定のいくつかは 1 つの MATLAB の基本設定項目にリンクされています。設定が基本設定にリンクされていて、インストール時の値によってアクティブな値が変更された場合、その設定によって対応する基本設定も変更されます。基本設定の詳細については、[基本設定] ウィンドウを参照してください。

このプロパティは読み取り専用です。

出荷時の設定値。ハンドル型以外の任意の型の MATLAB データとして指定します。ハンドルを含む cell 配列、struct、オブジェクトなどのデータ コンテナーもサポートされません。

出荷時の値は、製品の既定の設定です。これは変更できません。また、カスタム設定に出荷時の値を指定することはできません。

オブジェクト関数

clearTemporaryValue設定の一時的な値をクリア
clearPersonalValue設定の個人用の値をクリア
clearInstallationValueClear installation value for setting
hasTemporaryValue設定に一時的な値セットがあるかどうかを判別
hasPersonalValue設定に個人用の値セットがあるかどうかを判別
hasInstallationValue Determine whether setting has installation value set
hasFactoryValue設定に出荷時の値セットがあるかどうかを判別

すべて折りたたむ

エディターでコメントの最大列幅の現在の値を表示します。

s = settings;
s.matlab.editor.language.matlab.comments.MaxWidth
ans = 
 Setting 'matlab.editor.language.matlab.comments.MaxWidth' with properties.

       ActiveValue: 80
    TemporaryValue: 80
     PersonalValue: <no value>
 InstallationValue: <no value>
      FactoryValue: 75

MATLAB 上のコメントに、最大列幅の値の取得と設定を行います。

MATLAB でルート SettingsGroup オブジェクトを取得し、コメントの最大列幅のアクティブな値を表示します。

s = settings;
s.matlab.editor.language.matlab.comments.MaxWidth.ActiveValue
ans =
  int32
   75

MATLAB でコメントの最大列幅の一時的な値を設定します。

s.matlab.editor.language.matlab.comments.MaxWidth.TemporaryValue = 80;
s.matlab.editor.language.matlab.comments.MaxWidth.ActiveValue
ans =
  int32
   80

バージョン履歴

R2018a で導入