Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

createCategory

プロジェクト ラベルのカテゴリを作成

説明

createCategory(proj,categoryName) は、指定されたプロジェクトでラベルの新規カテゴリを作成します。

createCategory(proj,categoryName,dataType) は、新規カテゴリのラベルに保存するデータの型も指定します。データ型の詳細については、MATLAB の基本クラスを参照してください。

createCategory(proj,categoryName,dataType,"single-valued") は、単一値のカテゴリを指定します。カテゴリからいずれか 1 つのラベルだけをファイルに追加できます。単一値のカテゴリを指定しない場合、カテゴリから複数のラベルをファイルに追加できます。

newcategory = createCategory(___) は新規カテゴリを Category オブジェクトとして返します。この構文は、前記のすべての入力引数の組み合わせで使用できます。

すべて折りたたむ

ラベルの新規カテゴリを作成してファイルの所有者を示し、そのカテゴリの新規ラベルをラベル データとともにファイルに追加します。

プロジェクト Times Table App を開きます。currentProject を使用して、現在読み込まれているプロジェクトからプロジェクト オブジェクトを作成します。

matlab.project.example.timesTable
proj = currentProject;

ラベルの新規カテゴリ Engineers を作成して、ファイルの所有者がどのエンジニアであるか示します。文字ベクトル データを追加するため、これらのラベルのデータ型は char です。

createCategory(proj,"Engineers","char");

関数 findCategory を使用して新規カテゴリを取得します。

engineersCategory = findCategory(proj,"Engineers");

新規カテゴリでラベルを作成します。

createLabel(engineersCategory,"Tom");
createLabel(engineersCategory,"Harry");

プロジェクトのファイルに、いずれかの新規ラベルを追加します。

myfile = findFile(proj,"source/timesTableGame.m");
addLabel(myfile,"Engineers","Tom");

ラベルを取得してデータを追加します。

label = findLabel(myfile,"Engineers","Tom");
label.Data = "Maintenance responsibility";
disp(label)
Label with properties:

            File: [1x80 char]
            Data: "Maintenance responsibility"
        DataType: 'char'
            Name: "Tom"
    CategoryName: "Engineers"

数値データに使用するためのラベルのカテゴリを double データ型で作成します。

プロジェクト Times Table App を開きます。currentProject を使用して、現在読み込まれているプロジェクトからプロジェクト オブジェクトを作成します。

matlab.project.example.timesTable
proj = currentProject;

ラベルの新規カテゴリを作成します。データ型として "double" を指定します。これは、MATLAB® が既定で数値に対して使用するデータ型です。

coverageCategory = createCategory(proj,"Coverage","double")
category = 

  Category with properties:

                Name: "Coverage"
            DataType: 'double'
    LabelDefinitions: []

新規カテゴリでラベルを作成し、そのラベルをプロジェクト内のファイルに追加します。

createLabel(coverageCategory,"Test");
myfile = findFile(proj,"source/timesTableGame.m");
label = addLabel(myfile,"Coverage","Test");

数値データをラベルに追加します。

label.Data = 80
newLabel = 

  Label with properties:

            File: "C:\myProjects\examples\TimesTableApp\source\timesTableGame.m"
        DataType: 'double'
            Data: 80
            Name: "Test"
    CategoryName: "Coverage"

プロジェクト Times Table App を開きます。currentProject を使用して、現在読み込まれているプロジェクトからプロジェクト オブジェクトを作成します。

matlab.project.example.timesTable
proj = currentProject;

ファイル所有権用のラベルのカテゴリを作成し、単一値を指定して、ファイルごとにカテゴリのラベルを 1 つだけに制限します。

engineersCategory = createCategory(proj,"Engineers","char", "single-valued");

新規カテゴリでラベルを作成し、そのラベルをプロジェクト内のファイルに追加します。

createLabel(engineersCategory,"Tom");
myfile = findFile(proj,"source/timesTableGame.m");
addLabel(myfile,"Engineers","Tom")
ans = 

  Label with properties:

            File: "C:\myProjects\examples\TimesTableApp\source\timesTableGame.m"
        DataType: 'char'
            Data: []
            Name: "Tom"
    CategoryName: "Engineers"

新しいカテゴリで 2 つ目のラベルを作成し、それをプロジェクト内の同じファイルに追加します。MATLAB により、最初のラベルは新しいラベルで置き換えられます。

createLabel(engineersCategory,"Harry");
addLabel(myfile,"Engineers","Harry")
ans = 

  Label with properties:

            File: "C:\myProjects\examples\TimesTableApp\source\timesTableGame.m"
        DataType: 'char'
            Data: []
            Name: "Harry"
    CategoryName: "Engineers"

最初のラベルが依然としてファイルに追加されているかどうか確認します。

findLabel(myfile,"Engineers","Tom")
ans = 

  0×0 Label array with properties:

    File
    DataType
    Data
    Name
    CategoryName

入力引数

すべて折りたたむ

プロジェクト。matlab.project.Project オブジェクトとして指定します。currentProject を使用して、現在読み込まれているプロジェクトからプロジェクト オブジェクトを作成します。

作成するラベルのカテゴリ名。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

新規カテゴリのラベルに保存するデータの型。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

ヒント

新規カテゴリを作成すると、関数 createLabel を使用して新規カテゴリにラベルを作成できます。

R2019a で導入