ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab.net.http.AuthenticationScheme クラス

パッケージ: matlab.net.http

HTTP 認証スキーム

説明

AuthenticationScheme 列挙型クラスは、サポートされる認証スキーム用の識別子を提供します。MATLAB® が自動的にスキームを実装しないときにスキームを使用する場合は、独自のチャレンジの応答を実装しなければなりません。

数値
表現
列挙型
メンバー名
説明
0Basic

ユーザー名とパスワードが HTTP メッセージのヘッダーで送信されます。このスキームは、メッセージの送信時に HTTPOptions オブジェクトで適切な Credentials プロパティを指定すると自動的に実装され、サーバーが Basic 認証を要求します。

1Digest

ユーザー認証は名前とパスワードによって行われますが、パスワードが接続経由で送信されないため、より安全です。このスキームは、メッセージの送信時に HTTPOptions オブジェクトで適切な Credentials プロパティを指定すると自動的に実装され、サーバーが Digest 認証を要求します。

-2Bearer

OAuth に基づいています。MATLAB はこのスキームをサポートしません。

-3HOBA

MATLAB でサポートされません。

-4Negotiate

MATLAB でサポートされません。

-5OAuth

MATLAB でサポートされません。

-6Token

MATLAB でサポートされません。

メソッド

すべて展開する

R2016b で導入