最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab.net.http.AuthenticationScheme クラス

パッケージ: matlab.net.http

HTTP 認証スキーム

説明

AuthenticationScheme 列挙型クラスは、サポートされる認証スキーム用の識別子を提供します。スキームを指定するには、Scheme プロパティを Credentials オブジェクトに追加します。

認証を要求するサーバーにメッセージを送信した場合、そのサーバーは StatusCode が 401 または 407 の ResponseMessage を返します。応答の AuthenticateField により、要求に必要な AuthenticationSchemes が指定されます。サポートできる最も強力なスキームを選択し、適切な認証情報を含む AuthorizationField を指定して要求を再発行します。

MATLAB® が自動的にスキームを実装しないときにスキームを使用する場合は、独自のチャレンジの応答を実装しなければなりません。

列挙型
メンバー名
説明
Basic

ユーザー名とパスワードが HTTP メッセージのヘッダーで送信されます。このスキームは、メッセージの送信時に HTTPOptions オブジェクトで適切な Credentials プロパティを指定すると自動的に実装され、サーバーが Basic 認証を要求します。

Digest

ユーザー認証は名前とパスワードによって行われますが、パスワードが接続経由で送信されないため、より安全です。このスキームは、メッセージの送信時に HTTPOptions オブジェクトで適切な Credentials プロパティを指定すると自動的に実装され、サーバーが Digest 認証を要求します。

Bearer

OAuth に基づいています。MATLAB はこのスキームをサポートしません。

HOBA

MATLAB でサポートされません。

Mutual

MATLAB でサポートされません。

Negotiate

このスキームは SPNEGO ベースの Kerberos と NTLM を Windows® でのみサポートします。

HTTPOptions にこのスキームを示す Credentials、または空の Scheme が指定された場合、MATLAB はこのスキームを自動実装します。既定の HTTPOptions オブジェクトは、そのような Credentials オブジェクトを含みます。このスキームを使用するには、Kerberos 環境または NTLM 環境に適切にログインしていなければなりません。このスキームは、Credentials オブジェクトの Username プロパティと Password プロパティを無視します。

NTLM

HTTPOptions にこのスキームを示す Credentials、または空の Scheme が指定された場合、MATLAB はこのスキームを自動実装します。既定の HTTPOptions オブジェクトは、そのような Credentials オブジェクトを含みます。このスキームを使用するには、次を行います。

  • Windows プラットフォームでは、NTLM 環境に適切にログインしなければなりません。また、Credentials オブジェクトの Username プロパティと Password プロパティは無視されます。

  • Linux® プラットフォームと macOS プラットフォームでは、Credentials オブジェクト内に UsernamePassword を指定しなければなりません。

OAuth

MATLAB でサポートされません。

Token

MATLAB でサポートされません。

メソッド

すべて展開する

R2016b で導入