Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

matlab.commandwindow 設定

テキスト表示設定が含まれるコマンド ウィンドウ設定

コマンド ウィンドウの外観とその出力は matlab.commandwindow 設定を使用して変更できます。関数 settings で返されるルート SettingsGroup オブジェクトを使用して matlab.commandwindow 設定にアクセスします。たとえば、コマンド ウィンドウで行間隔の一時的な値を 'compact' に設定します。

s = settings;
s.matlab.commandwindow.DisplayLineSpacing.TemporaryValue = 'compact'

設定の詳細については、設定へのアクセスと変更を参照してください。

matlab.commandwindow

出力表示形式。次のオプションのいずれかとして指定します。

Style

結果

short (default)

小数点以下 4 桁の short 型固定小数点形式。

3.1416

long

double 値の場合は小数点以下 15 桁、single 値の場合は小数点以下 7 桁の long 型固定小数点形式。

3.141592653589793

shortE

小数点以下 4 桁の short 型科学表記。

3.1416e+00

longE

double 値の場合は小数点以下 15 桁、single 値の場合は小数点以下 7 桁の long 型科学表記法。

3.141592653589793e+00

shortG

short 型の固定小数点形式または科学表記のいずれかコンパクトな方。合計 5 桁。

3.1416

longG

long 型の固定小数点形式または科学表記のいずれかコンパクトな方。double 値の場合は合計 15 桁、single 値の場合は合計 7 桁。

3.14159265358979

shortEng

小数点以下 4 桁の short 型工学表記法 (指数が 3 の倍数)。

3.1416e+000

longEng

有効桁数 15 桁の long 型工学表記法 (指数が 3 の倍数)。

3.14159265358979e+000

+

正、負およびゼロの要素それぞれが +- および空白文字で表示される正/負形式。

+

bank

小数点以下 2 桁の通貨形式。

3.14

hex

バイナリ倍精度数の 16 進数表現。

400921fb54442d18

rational

小さな整数の比率。

355/113

例: s.matlab.commandwindow.NumericFormat.TemporaryValue = 'shortE'

出力表示の行間隔。'loose' または 'compact' として指定します。コマンド ウィンドウの出力で空行を表示しない場合は compact、空行を表示する場合は loose を指定します。

例: s.matlab.commandwindow.DisplayLineSpacing.TemporaryValue = 'compact'

80 文字の表示幅を使用。0 または 1 として指定します。1 に設定すると、コマンド ウィンドウの行列出力の幅が 80 文字に制限されます。

例: s.matlab.commandwindow.UseEightyColumnDisplayWidth.TemporaryValue = 1

MATLAB Online で候補と補完を自動的に表示します。1 または 0 として指定します。

1 に設定すると、MATLAB Online でコマンド ウィンドウに自動的に候補と補完が表示されます。0 に設定すると、Tab キーを押した後にのみ候補と補完が表示されます。

コードの候補と補完の詳細については、入力時の構文チェックを参照してください。

例: s.matlab.commandwindow.ShowCompletionsAutomatically.TemporaryValue = 0

R2020b で導入