最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab.addons.toolbox.installToolbox

ツールボックス ファイルのインストール

説明

installedToolbox = matlab.addons.toolbox.installToolbox(toolboxFile) は、toolboxFile によって指定されたツールボックス ファイル (.mltbx ファイル) をインストールし、ツールボックスについての情報を返します。

installedToolbox = matlab.addons.toolbox.installToolbox(toolboxFile,agreeToLicense) は、agreeToLicensetrue の場合、ツールボックスをインストールする前にライセンス許諾に同意します。

すべて折りたたむ

現在の作業フォルダーに myToolbox.mltbx ツールボックス ファイルがあるとします。そのツールボックスをインストールします。

toolboxFile = 'MyToolbox.mltbx';
installedToolbox = matlab.addons.toolbox.installToolbox(toolboxFile)
installedToolbox = 

       Name: 'myToolbox'
    Version: '2.0'
       Guid: 'd0169b4a-fe74-463f-981a-26160c94cbe5'

ツールボックスにライセンス許諾が含まれている場合は、ダイアログ ボックスが開き、インストールの前にライセンスに同意するよう求められます。

myToolbox.mltbx ツールボックス ファイルが C:\Downloads\ フォルダー内にあり、ツールボックスにライセンス許諾が含まれているものとします。ツールボックスをインストールし、ライセンスへの同意を示すことで、MATLAB® によってライセンス許諾のダイアログ ボックスが開かれないようにします。

toolboxFile = 'C:\Downloads\MyToolbox.mltbx';
agreeToLicense = true;
installedToolbox = matlab.addons.toolbox.installToolbox(toolboxFile,agreeToLicense)
installedToolbox = 

       Name: 'myToolbox'
    Version: '2.0'
       Guid: 'd0169b4a-fe74-463f-981a-26160c94cbe5'

入力引数

すべて折りたたむ

ツールボックス ファイル (.mltbx ファイル) の名前。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。名前には、ファイルへの相対パスまたは絶対パスが含まれます。

例: toolboxFile = 'myToolbox.mltbx'

例: toolboxFile = "C:\Work\myOtherToolbox.mltbx"

ライセンス許諾に同意するためのインジケーター。false または true として指定します。既定の設定では、agreeToLicensefalse です。ツールボックスにライセンス許諾が含まれる場合、動作は次のようになります。

  • agreeToLicensefalse の場合は、MATLAB によってダイアログ ボックスが表示され、ライセンスに同意するかインストールをキャンセルすることができます。

  • agreeToLicensetrue の場合は、ライセンス許諾ダイアログ ボックスが開かれることなく、MATLAB によってツールボックスがインストールされます。agreeToLicensetrue に設定すると、ライセンス許諾の条件に同意することになります。ツールボックスをインストールする前に、必ずライセンス許諾を確認してください。

ツールボックスにライセンス許諾がない場合、agreeToLicense の値はインストールに影響しません。

データ型: logical

出力引数

すべて折りたたむ

インストールされているツールボックスについての情報。構造体として返されます。この構造体には以下のフィールドがあります。

フィールド説明
Nameツールボックスの名前
Versionツールボックスのバージョン
Guid固有のツールボックス識別子

代替方法

アドオン エクスプローラーの UI からツールボックスをインストールできます。詳細については、アドオンの取得と管理を参照してください。

R2016a で導入