Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

hankel

構文

H = hankel(c)
H = hankel(c,r)

説明

H = hankel(c) は最初の列が c で、反主対角要素より下側の要素がゼロである正方ハンケル行列を返します。

H = hankel(c,r) は最初の列が c で、最後の行が r であるハンケル行列を返します。c の最後の要素が、r の最初の要素と異なる場合、c の最後の要素が優先されます。

すべて折りたたむ

最初の列が c で最後の行が r であるハンケル行列を作成します。

c = 1:3;
r = 3:6;
h = hankel(c,r)
h = 3×4

     1     2     3     4
     2     3     4     5
     3     4     5     6

詳細

すべて折りたたむ

ハンケル行列

ハンケル行列は、反対角要素が一定の対称行列で、各要素の値は h(i,j) = p(i+j-1) です。ここで、ベクトル p = [c r(2:end)] は、ハンケル行列を完全に決定します。

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入