ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

rmedge

グラフからエッジを削除

構文

H = rmedge(G,s,t)
H = rmedge(G,idx)

説明

H = rmedge(G,s,t) は、ノード ペア st で指定されたエッジをグラフ G から削除します。s および t で指定された複数のエッジがある場合、それらのエッジはすべて削除されます。

H = rmedge(G,idx) は、削除するエッジをエッジ インデックス idx で指定します。エッジ インデックスはテーブル G.Edges の行番号です。

すべて折りたたむ

グラフを作成してプロットします。

s = [1 1 1 2 2 3 3 4 5 5 6 7];
t = [2 4 5 3 6 4 7 8 6 8 7 8];
G = graph(s,t);
plot(G)

グラフから複数のエッジを削除し、結果をプロットします。

G = rmedge(G,[1 2 3 4],[5 6 7 8]);
plot(G)

グラフを作成し、エッジ リストを表示します。

s = {'BOS' 'NYC' 'NYC' 'NYC' 'LAX'};
t = {'NYC' 'LAX' 'DEN' 'LAS' 'DCA'};
G = digraph(s,t);
G.Edges
ans=5×1 table
       EndNodes   
    ______________

    'BOS'    'NYC'
    'NYC'    'LAX'
    'NYC'    'DEN'
    'NYC'    'LAS'
    'LAX'    'DCA'

エッジ インデックスを使用して、ノード 'NYC''DEN' の間のエッジを削除します。

G = rmedge(G,3);
G.Edges
ans=4×1 table
       EndNodes   
    ______________

    'BOS'    'NYC'
    'NYC'    'LAX'
    'NYC'    'LAS'
    'LAX'    'DCA'

この例では、グラフからすべての自己ループを削除する方法を説明します。自己ループとはノードをそのノード自体に連結するエッジです。

自己ループを 2 つもつグラフを作成します。

G = graph([1 1 1 2],[1 2 3 2]);
plot(G)

rmedge を使用してグラフからすべての自己ループを削除します。G には自己ループが 2 つしかありませんが、この手法では任意の有向または無向グラフからすべての自己ループが削除されます。

G = rmedge(G, 1:numnodes(G), 1:numnodes(G));
plot(G)

入力引数

すべて折りたたむ

入力グラフ。graph オブジェクトまたは digraph オブジェクトとして指定します。無向グラフの作成には graph を、有向グラフの作成には digraph を使用します。

例: G = graph(1,2)

例: G = digraph([1 2],[2 3])

ノード ペア。ノード インデックスまたはノード名の個別の引数として指定します。s および t に同じように配置された要素は、グラフ エッジのソース ノードおよびターゲット ノードを指定します。

次の表に、1 つ以上のノードを数値ノード インデックスまたはノード名のいずれかで参照するさまざまな方法を示します。

形式単一ノード複数ノード
ノード インデックス

スカラー

例: 1

ベクトル

例: [1 2 3]

ノード名

文字ベクトル

例: 'A'

文字ベクトルの cell 配列

例: {'A' 'B' 'C'}

string スカラー

例: "A"

string 配列

例: ["A" "B" "C"]

例: G = rmedge(G,1,2) は、グラフ G からノード 1 とノード 2 の間のエッジを削除します。

例: G = rmedge(G,{'a' 'b'},{'d' 'c'}) は、グラフ G からエッジを 2 本削除します。その最初のエッジはノード 'a' とノード 'd' の間にあります。

エッジ インデックス。スカラーまたはベクトルとして指定します。エッジ インデックスは非負の整数であり、テーブル G.Edges の行番号です。

例: G = rmedge(G,[1 3 5]) は、G.Edges から 1 番目、3 番目、5 番目のエッジ (行) を削除します。

出力引数

すべて折りたたむ

出力グラフ。graph オブジェクトまたは digraph オブジェクトとして返されます。

R2015b で導入