ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

gplot

隣接行列を表すノードおよびリンクのプロット

構文

gplot(A,Coordinates)
gplot(A,Coordinates,LineSpec)
[X,Y] = gplot(A,Coordinates)

説明

関数 gplot は、隣接行列を使用して座標集合をグラフ化します。

gplot(A,Coordinates)nn 列の隣接行列 A に従って、Coordinates で定義されたノードのグラフをプロットします。ここで、n はノード数です。Coordinatesn 行 2 列の行列です。ここで n はノード数であり、各座標の組み合わせが 1 つのノードを表します。

gplot(A,Coordinates,LineSpec)LineSpec で指定されるライン タイプ、マーカー記号、および色を使用してノードをプロットします。

[X,Y] = gplot(A,Coordinates) は、プロットを生成するのではなく、NaN で区切られたベクトル X および Y を返します。XY は、後で plot(X,Y) を使ってプロットを生成するために使用します。この構文を使用するには、Coordinates は single 型または double 型でなければなりません。

すべて折りたたむ

各ノードでアスタリスクを配置して "バッキー ボール" 炭素分子の半分をプロットします。

k = 1:30;
[B,XY] = bucky;
gplot(B(k,k),XY(k,:),'-*')
axis square

ヒント

2 次元データの場合、Coordinates(i,:) = [x(i) y(i)] はノード i を示し、Coordinates(j,:) = [x(j)y(j)] はノード j を示します。ノード i とノード j が接続されている場合、A(i,j) または A(j,i) は非ゼロです。接続されていない場合、A(i,j) および A(j,i) はゼロです。

R2006a より前に導入