Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

errorbar

誤差範囲のあるライン プロット

説明

errorbar(y,err) は、y のデータのライン プロットを作成し、各データ点に垂直方向の誤差範囲を描画します。err 値によって、データ点の上下の各誤差範囲の長さが決まります。そのため、誤差範囲の合計の長さは、err 値の 2 倍になります。

errorbar(x,y,err) は、x に対して y をプロットし、各データ点に垂直方向の誤差範囲を描画します。

errorbar(x,y,neg,pos) は、各データ点に垂直方向の誤差範囲を描画します。ここで、neg はデータ点より下の長さを決定し、pos はデータ点より上の長さを決定します。

errorbar(___,ornt) は、誤差範囲の方向を設定します。ornt は、水平方向の誤差範囲の場合に 'horizontal' として指定し、水平方向と垂直方向の両方の誤差範囲の場合に 'both' として指定します。ornt の既定値は 'vertical' で、垂直方向の誤差範囲を描画します。このオプションは、前述した任意の入力引数の組み合わせの後に使用します。

errorbar(x,y,yneg,ypos,xneg,xpos) は、x に対して y をプロットし、水平方向と垂直方向の両方の誤差範囲を描画します。入力 ynegypos はそれぞれ、垂直方向の誤差範囲の下側の長さと上側の長さを設定します。入力 xnegxpos は、水平方向の誤差範囲の左側の長さと右側の長さを設定します。

errorbar(___,LineSpec) は、ライン スタイル、マーカー記号、色を設定します。たとえば、'--ro' は、赤の破線と円形マーカーをプロットします。ライン スタイルはラインのみに影響します。誤差範囲には影響しません。

errorbar(___,Name,Value) は、1 つ以上の名前と値のペアの引数を使用して、ラインと誤差範囲の外観を変更します。たとえば、'CapSize',10 は、各誤差範囲の端点のキャップの長さを 10 ポイントに設定します。

errorbar(ax,___) は、現在の座標軸ではなく、ax で指定された座標軸にプロットを作成します。座標軸を最初の入力引数として指定します。

e = errorbar(___) は、y がベクトルの場合に、1 つの ErrorBar オブジェクトを返します。y が行列の場合は、y 内の列ごとに 1 つの ErrorBar オブジェクトを返します。作成した後で特定の ErrorBar オブジェクトのプロパティを変更するには e を使用します。プロパティの一覧については、ErrorBar のプロパティ を参照してください。

すべて折りたたむ

ベクトル xy を作成します。x に対して y をプロットします。各データ点に、長さの等しい垂直方向の誤差範囲を表示します。

x = 1:10:100;
y = [20 30 45 40 60 65 80 75 95 90];
err = 8*ones(size(y));
errorbar(x,y,err)

Figure contains an axes. The axes contains an object of type errorbar.

各データ点に誤差範囲をもつライン プロットを作成します。異なる誤差範囲の長さを指定します。

x = 1:10:100;
y = [20 30 45 40 60 65 80 75 95 90]; 
err = [5 8 2 9 3 3 8 3 9 3];
errorbar(x,y,err)

Figure contains an axes. The axes contains an object of type errorbar.

各データ点に水平方向の誤差範囲をもつライン プロットを作成します。

x = 1:10:100;
y = [20 30 45 40 60 65 80 75 95 90];
err = [1 3 5 3 5 3 6 4 3 3];
errorbar(x,y,err,'horizontal')

Figure contains an axes. The axes contains an object of type errorbar.

各データ点に垂直および水平方向の両方の誤差範囲をもつラインプロットを作成します。

x = 1:10:100;
y = [20 30 45 40 60 65 80 75 95 90];
err = [4 3 5 3 5 3 6 4 3 3];
errorbar(x,y,err,'both')

Figure contains an axes. The axes contains an object of type errorbar.

ベクトル x に対してベクトル y をプロットします。各データ点に、円形マーカーと、垂直および水平方向の両方の誤差範囲を表示します。入力引数 linespec のライン スタイルのオプションを省略して、データ点を接続するラインを表示しません。

x = 1:10:100;
y = [20 30 45 40 60 65 80 75 95 90];
err = [4 3 5 3 5 3 6 4 3 3];
errorbar(x,y,err,'both','o')

Figure contains an axes. The axes contains an object of type errorbar.

各データ点に垂直および水平方向の両方の誤差範囲を表示します。入力引数のオプション ynegypos を使用して、垂直方向の誤差範囲の下側と上側の長さをそれぞれ制御します。入力引数のオプション xnegxpos を使用して、水平方向の誤差範囲の左側と右側の長さをそれぞれ制御します。

x = 1:10:100;
y = [20 30 45 40 60 65 80 75 95 90];
yneg = [1 3 5 3 5 3 6 4 3 3];
ypos = [2 5 3 5 2 5 2 2 5 5];
xneg = [1 3 5 3 5 3 6 4 3 3];
xpos = [2 5 3 5 2 5 2 2 5 5];
errorbar(x,y,yneg,ypos,xneg,xpos,'o')

Figure contains an axes. The axes contains an object of type errorbar.

期間の単位の誤差範囲をもつ datetime 値のプロットを作成します。

x = 1:13;
y = datetime(2018,5,1,1:13,0,0);
err = hours(rand(13,1));
errorbar(x,y,err)

Figure contains an axes. The axes contains an object of type errorbar.

誤差範囲をもつライン プロットを作成します。各データ点にマーカーを表示します。名前と値のペアの引数を使用して、マーカーの外観を制御します。MarkerSize を使用して、ポイント単位でマーカーのサイズを指定します。MarkerEdgeColorMarkerFaceColor を使用して、マーカーの外枠と内部の色をそれぞれ指定します。色を、'red' などの色名の文字ベクトルまたは RGB 3 成分に設定します。

x = linspace(0,10,15);
y = sin(x/2);
err = 0.3*ones(size(y));
errorbar(x,y,err,'-s','MarkerSize',10,...
    'MarkerEdgeColor','red','MarkerFaceColor','red')

Figure contains an axes. The axes contains an object of type errorbar.

CapSize プロパティをポイント単位の正の値に設定して、各誤差範囲の端点のキャップ サイズを制御します。

x = linspace(0,2,15);
y = exp(x);
err = 0.3*ones(size(y));
errorbar(x,y,err,'CapSize',18)

Figure contains an axes. The axes contains an object of type errorbar.

誤差範囲をもつライン プロットを作成します。errorbar オブジェクトを変数 e に代入します。

x = linspace(0,10,10);
y = sin(x/2);
err = 0.3*ones(size(y));
e = errorbar(x,y,err)

Figure contains an axes. The axes contains an object of type errorbar.

e = 
  ErrorBar with properties:

             Color: [0 0.4470 0.7410]
         LineStyle: '-'
         LineWidth: 0.5000
            Marker: 'none'
             XData: [1x10 double]
             YData: [1x10 double]
    XNegativeDelta: [1x0 double]
    XPositiveDelta: [1x0 double]
    YNegativeDelta: [1x10 double]
    YPositiveDelta: [1x10 double]

  Show all properties

errorbar オブジェクトの作成後に、e を使用してそのプロパティにアクセスします。

e.Marker = '*';
e.MarkerSize = 10;
e.Color = 'red';
e.CapSize = 15;

Figure contains an axes. The axes contains an object of type errorbar.

入力引数

すべて折りたたむ

y 値。ベクトルまたは行列として指定します。

  • y がベクトルの場合、errorbar は 1 本のラインをプロットします。

  • y が行列の場合、errorbary の列ごとに 1 本、個別のラインをプロットします。

例: y = [4 3 5 2 2 4];

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | categorical | datetime | duration

x 値。ベクトルまたは行列として指定します。x のサイズは y のサイズと同じでなければなりません。

例: x = 0:10:100;

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | categorical | datetime | duration

対称の誤差範囲の長さ。ベクトルまたは行列として指定します。err のサイズは y のサイズと同じでなければなりません。特定のデータ点で誤差範囲を描画しない場合は、長さを NaN として指定します。

誤差範囲の長さのデータ型は、対応するプロットのデータと適合していなければなりません。たとえば、datetime の値をプロットする場合、それらの値についての誤差範囲の値は duration でなければなりません。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | duration

負の方向の誤差範囲の長さ。y と同じサイズのベクトルまたは行列として指定するか、空の配列 [] として指定します。

  • 垂直方向の誤差範囲の場合、neg はデータ点の下側の誤差範囲の長さを設定します。

  • 水平方向の誤差範囲の場合、neg はデータ点の左側の誤差範囲の長さを設定します。

"特定" のデータ点で誤差範囲の下側部分を描画しない場合は、長さを NaN として指定します。"すべて" のデータ点で誤差範囲の下側部分を描画しない場合は、neg を空の配列に設定します。

誤差範囲の長さのデータ型は、対応するプロットのデータと適合していなければなりません。たとえば、datetime の値をプロットする場合、それらの値についての誤差範囲の値は duration でなければなりません。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | duration

正の方向の誤差範囲の長さ。y と同じサイズのベクトルまたは行列として指定するか、空の配列 [] として指定します。

  • 垂直方向の誤差範囲の場合、pos はデータ点の上側の誤差範囲の長さを設定します。

  • 水平方向の誤差範囲の場合、pos はデータ点の右側の誤差範囲の長さを設定します。

"特定" のデータ点で誤差範囲の上側部分を描画しない場合は、長さを NaN として指定します。"すべて" のデータ点で誤差範囲の上側部分を描画しない場合は、pos を空の配列に設定します。

誤差範囲の長さのデータ型は、対応するプロットのデータと適合していなければなりません。たとえば、datetime の値をプロットする場合、それらの値についての誤差範囲の値は duration でなければなりません。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | duration

垂直方向の誤差範囲のデータ点より下側の長さ。y と同じサイズのベクトルまたは行列として指定するか、空の配列 [] として指定します。

"特定" のデータ点で誤差範囲の下側部分を描画しない場合は、値を NaN として指定します。"すべて" のデータ点で誤差範囲の下側部分を描画しない場合は、yneg を空の配列に設定します。

誤差範囲の長さのデータ型は、対応するプロットのデータと適合していなければなりません。たとえば、datetime の値をプロットする場合、それらの値についての誤差範囲の値は duration でなければなりません。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | duration

垂直方向の誤差範囲のデータ点より上側の長さ。y と同じサイズのベクトルまたは行列として指定するか、空の配列 [] として指定します。

"特定" のデータ点で誤差範囲の上側部分を描画しない場合は、長さを NaN として指定します。"すべて" のデータ点で誤差範囲の上側部分を描画しない場合は、ypos を空の配列に設定します。

誤差範囲の長さのデータ型は、対応するプロットのデータと適合していなければなりません。たとえば、datetime の値をプロットする場合、それらの値についての誤差範囲の値は duration でなければなりません。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | duration

水平方向の誤差範囲のデータ点より左側の長さ。y と同じサイズのベクトルまたは行列として指定するか、空の配列 [] として指定します。

"特定" のデータ点で誤差範囲の左側部分を描画しない場合は、長さを NaN として指定します。"すべて" のデータ点で誤差範囲の左側部分を描画しない場合は、xneg を空の配列に設定します。

誤差範囲の長さのデータ型は、対応するプロットのデータと適合していなければなりません。たとえば、datetime の値をプロットする場合、それらの値についての誤差範囲の値は duration でなければなりません。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | duration

水平方向の誤差範囲のデータ点より右側の長さ。y と同じサイズのベクトルまたは行列として指定するか、空の配列 [] として指定します。

"特定" のデータ点で誤差範囲の右側部分を描画しない場合は、長さを NaN として指定します。"すべて" のデータ点の誤差範囲の右側部分を描画しない場合は、xpos を空の配列に設定します。

誤差範囲の長さのデータ型は、対応するプロットのデータと適合していなければなりません。たとえば、datetime の値をプロットする場合、それらの値についての誤差範囲の値は duration でなければなりません。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | logical | duration

誤差範囲の方向。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'vertical' — 垂直方向の誤差範囲

  • 'horizontal' — 水平方向の誤差範囲

  • 'both' — 垂直および水平方向の誤差範囲

例: errorbar(x,y,err,'horizontal')

ライン スタイル、マーカーおよび色。記号を含む文字ベクトルまたは string として指定します。記号の順番は任意です。3 つの特性 (ライン スタイル、マーカーおよび色) をすべて指定する必要はありません。たとえば、ライン スタイルを省略してマーカーを指定する場合、プロットはラインなしでマーカーのみを表示します。

例: '--or' は丸いマーカーをもった赤い破線

ライン スタイル説明
-実線
--破線
:点線
-.一点鎖線
マーカー説明
'o'
'+'プラス記号
'*'アスタリスク
'.'
'x'十字
'_'水平線
'|'垂直線
's'正方形
'd'菱形
'^'上向き三角形
'v'下向き三角形
'>'右向き三角形
'<'左向き三角形
'p'星形五角形
'h'星形六角形
説明

y

m

マゼンタ

c

シアン

r

g

b

w

k

axes オブジェクト。座標軸を指定しない場合、errorbar は現在の座標軸にプロットします。

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: errorbar(y,err,'LineWidth',2) は、2 ポイントのライン幅を指定します。

ここでは、プロパティの一部だけを紹介しています。完全な一覧については、ErrorBar のプロパティ を参照してください。

誤差範囲の端点のキャップの長さ。ポイント単位の正の値として指定します。

例: errorbar(x,y,err,'CapSize',10)

ライン幅。ポイント単位の正の値として指定します。1 ポイントは 1/72 インチです。ラインがマーカーをもつ場合、ライン幅はマーカー エッジにも影響します。

ライン幅をピクセルの幅より細くすることはできません。システムでライン幅をピクセルの幅より細い値に設定すると、ラインは 1 ピクセル幅で表示されます。

拡張機能

参考

関数

プロパティ

R2006a より前に導入