Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

CodeCompatibilityAnalysis

コード互換性解析の結果

説明

コード互換性解析の結果を保存したり、レポートするには、CodeCompatibilityAnalysis オブジェクトを使用します。

作成

関数 analyzeCodeCompatibility を使用して、コード互換性解析オブジェクトを作成します。

プロパティ

すべて展開する

このプロパティは読み取り専用です。

コード互換性解析の日付。datetime スカラーとして返されます。

データ型: datetime

このプロパティは読み取り専用です。

コード互換性解析に使用した MATLAB のバージョン。string スカラーとして返されます。

データ型: string

このプロパティは読み取り専用です。

コード互換性の解析対象ファイルのリスト。string 配列として返されます。

データ型: string

このプロパティは読み取り専用です。

実行されたチェックと解析対象ファイル内での発生頻度のリスト。以下の列をもつ table として返されます。

table の列説明

識別子

MATLAB コード アナライザー メッセージの識別子。

説明

チェックの説明。たとえば、"このステートメントの前に、改行、セミコロンまたはコンマを使用してください"、または "STRMATCH は推奨されません。代わりに STRNCMP または VALIDATESTRING を使用してください" があります。説明は、コード アナライザー メッセージと同じです。

ドキュメンテーション

ドキュメンテーション内の詳細情報を開くコマンド。

重大度

チェックの重大度。たとえば、エラー警告があります。エラーには、構文エラー、またはサポートの終了した機能が使用されていることを示すものがあります。警告には、コードに改善の余地があることを示すものがあります。

NumOccurrences

解析されたコード内で、特定のチェックにフラグが設定された合計回数。

NumFiles

解析されたコード内で、特定のチェックにフラグが設定されたファイル数。

データ型: table

このプロパティは読み取り専用です。

解析に基づくコード更新の推奨事項。次の列をもつ table として返されます。

table の列説明

識別子

MATLAB コード アナライザー メッセージの識別子。

説明

チェックの説明。たとえば、"このステートメントの前に、改行、セミコロンまたはコンマを使用してください"、または "STRMATCH は推奨されません。代わりに STRNCMP または VALIDATESTRING を使用してください" があります。説明は、コード アナライザー メッセージと同じです。

ドキュメンテーション

ドキュメンテーション内の詳細情報を開くコマンド。

重大度

チェックの重大度。たとえば、エラー警告があります。エラーには、構文エラー、またはサポートの終了した機能が使用されていることを示すものがあります。警告には、コードに改善の余地があることを示すものがあります。

ファイルフラグの設定されたチェックを含むファイルの名前。
LineNumberファイル内でチェックにフラグが設定された位置を示す行番号。
ColumnRangeファイル内でチェックにフラグが設定された位置を示す列範囲。

データ型: table

すべて折りたたむ

現在のフォルダーとサブフォルダー内のコードについて、コード互換性解析の結果を作成します。

r = analyzeCodeCompatibility
r = 

  CodeCompatibilityAnalysis with properties:

               Date: 20-Apr-2017 15:06:06
      MATLABVersion: "R2017b"
              Files: [92×1 string]
    ChecksPerformed: [299×6 table]
    Recommendations: [28×7 table]

コードを再び解析して、サブフォルダーを解析から除外します。

r = analyzeCodeCompatibility('IncludeSubfolders',false)
r = 

  CodeCompatibilityAnalysis with properties:

               Date: 20-Apr-2017 15:06:56
      MATLABVersion: "R2017b"
              Files: [5×1 string]
    ChecksPerformed: [299×6 table]
    Recommendations: [1×7 table]
R2017b で導入