Main Content

caseSensitivePattern

大文字と小文字を区別してパターンに一致させる

説明

newpat = caseSensitivePattern(pat) は、大文字小文字を区別する一致を使用して pat に一致するパターンを作成します。

すべて折りたたむ

caseSensitivePattern を使用して、大文字と小文字を区別しない関数内で、大文字と小文字の区別を強制します。

小文字から成る string を作成します。大文字の "ABC" に一致するパターンを作成します。大文字と小文字を区別しない関数内で使用すると、pattxt に一致します。

txt = "abc";
pat = "ABC";
contains(txt,pat,'IgnoreCase',true)
ans = logical
   1

caseSensitivePattern を使用して、大文字と小文字を区別しない関数内の入力として使用した場合でも、pat の一致に大文字と小文字の区別を強制します。

pat = caseSensitivePattern(pat);
contains(txt,pat,'IgnoreCase',true)
ans = logical
   0

入力引数

すべて折りたたむ

入力パターン。pattern、string 配列、文字ベクトルまたは文字ベクトルの cell 配列として指定します。

データ型: char | string | pattern | cell

出力引数

すべて折りたたむ

出力パターン。patternまたは pattern オブジェクトの配列として返されます。

アルゴリズム

入力で caseInsensitivePatterncaseSensitivePattern が入れ子状に使用された場合、入力パターンの動作が外部関数よりも優先されます。たとえば、caseInsensitivePattern(caseSensitivePattern(pat)) の場合、大文字と小文字は区別されます。

バージョン履歴

R2020b で導入