ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

cart2pol

直交座標を極座標または円柱座標に変換

構文

[theta,rho] = cart2pol(x,y)
[theta,rho,z] = cart2pol(x,y,z)

説明

[theta,rho] = cart2pol(x,y) は、2 次元の直交座標配列 x および y の対応する要素を極座標 theta および rho に変換します。

[theta,rho,z] = cart2pol(x,y,z) は、3 次元の直交座標配列 xy および z を円柱座標 thetarho および z に変換します。

すべて折りたたむ

行列 x および y の対応する要素で定義された直交座標を、極座標 theta および rho に変換します。

x = [5 3.5355 0 -10]
x = 1×4

    5.0000    3.5355         0  -10.0000

y = [0 3.5355 10 0]
y = 1×4

         0    3.5355   10.0000         0

[theta,rho] = cart2pol(x,y)
theta = 1×4

         0    0.7854    1.5708    3.1416

rho = 1×4

    5.0000    5.0000   10.0000   10.0000

行列 xy および z の対応する要素で定義された 3 次元の直交座標を、円柱座標 thetarho および z に変換します。

x = [1 2.1213 0 -5]'
x = 4×1

    1.0000
    2.1213
         0
   -5.0000

y = [0 2.1213 4 0]'
y = 4×1

         0
    2.1213
    4.0000
         0

z = [7 8 9 10]'
z = 4×1

     7
     8
     9
    10

[theta,rho,z] = cart2pol(x,y,z)
theta = 4×1

         0
    0.7854
    1.5708
    3.1416

rho = 4×1

    1.0000
    3.0000
    4.0000
    5.0000

z = 4×1

     7
     8
     9
    10

入力引数

すべて折りたたむ

直交座標。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として指定します。xy および z は、同じサイズでなければなりません (または、いずれかをスカラーにすることもできます)。

データ型: single | double

出力引数

すべて折りたたむ

角度座標。配列として返されます。theta は、x-y 平面での角度 (単位: ラジアン) で、正の x 軸から反時計回りに測定します。角度の値の範囲は [-pi pi] です。

動径座標。配列として返されます。rho は、原点から x-y 平面内の点までの距離です。

高度座標。配列として返されます。z は x-y 平面からの高さです。

アルゴリズム

2次元直交座標から極座標へのマッピングと 3 次元直交座標から円柱座標へのマッピングは、以下のようになります。

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入