Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

addToolbarExplorationButtons

Figure ツール バーにデータ探索ボタンを追加

説明

addToolbarExplorationButtons(fig) は、指定された Figure の Figure ツール バーにデータ探索ボタンを追加します。

R2018b では、データ探索ボタンが Figure ツール バーから座標軸ツール バーに移動しました。多くの場合、この関数を使用する必要はありません。ただし、Figure ツール バー上に表示されるボタンに依存するコードがある場合は、関数 addToolbarExplorationButtons および removeToolbarExplorationButtons を使用して Figure ツール バーのボタンの表示を制御できます。

すべて折りたたむ

表面プロットをもつ Figure を作成します。その後、Figure ツール バーにデータ探索ボタンを追加します。

fig = figure;
surf(peaks);
addToolbarExplorationButtons(fig)

Figure ツール バーにズーム イン、ズーム アウトなどのボタンが含まれていることがわかります。

Figure ツール バーからボタンを削除します。

removeToolbarExplorationButtons(fig)

入力引数

すべて折りたたむ

ターゲット Figure。単一の Figure オブジェクト、または Figure オブジェクトのベクトルとして指定します。

詳細

すべて折りたたむ

データ探索ボタン

標準のデータ探索ボタンには次のオプションが含まれます。

  • 座標軸の表示のズーム インまたはズーム アウト

  • 座標軸の表示の移動

  • 座標軸の表示の回転

  • データ ヒントの表示

  • データのブラシ選択

R2018b では、データ探索ボタンが Figure ツール バーから座標軸ツール バーに移動しました。次の図にボタンの移動先を示します。

Figure with an arrow pointing from buttons in the figure toolbar to buttons above the upper-right corner of the axes

R2018a で導入