ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

クッキーの管理

HTTP インターフェイスでは、HTTP メッセージでクッキーを管理するためのクラスが提供されています。クッキーの詳細については、RFC 6265 HTTP State Management Mechanism を参照してください。

Cookie クラスには、クッキーの名前と値が格納されます。例として、Cookie オブジェクト C のプロパティを表示します。

 C = 
  Cookie with properties:

     Name: "JSESSIONID"
    Value: "688412d8ed1cdf15f4a736dc6ab3"

CookieInfo クラスには、クッキーとその属性が含まれます。属性は CookieInfo オブジェクトのプロパティです。たとえば、info はクッキー C の格納された CookieInfo オブジェクトです。

class(info)
ans = matlab.net.http.CookieInfo

クッキーの属性を表示します。

info.Expires
ans = 
   Sun, 26 Mar 2084 17:15:30 GMT
info.CreationTime
ans = 
   Tue, 07 Jun 2016 09:38:56 GMT

サーバーは SetCookieField オブジェクトを使用して、応答メッセージでクッキーを返します。CookieInfo オブジェクトを取得するには、SetCookieField.convert メソッドを呼び出します。

サーバーにクッキーを送信するには、CookieField オブジェクトを要求メッセージに追加します。

参考

| | |

外部の Web サイト