ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

共有ライブラリの C 関数の呼び出し

共有ライブラリは、実行時にアプリケーションによって動的に読み込まれる関数のコレクションです。この MATLAB® インターフェイスは、C ヘッダー ファイルで定義されている関数を含むライブラリをサポートします。

MATLAB は、サポートされているすべてのプラットフォーム上でダイナミック リンクをサポートします。

プラットフォーム共有ライブラリファイルの拡張子

Microsoft® Windows®

ダイナミック リンク ライブラリ ファイル.dll

Linux®

共有オブジェクト ファイル.so

Apple macOS

ダイナミック共有ライブラリ.dylib

共有ライブラリには "ヘッダー ファイル" が必要であり、これはライブラリ内の関数の "シグネチャ" を提供します。関数シグネチャ、つまりプロトタイプは、関数の名前とそのパラメーターの数および型を設定します。共有ライブラリとそのヘッダー ファイルの絶対パスを指定します。

MATLAB でサポートされた C コンパイラがインストールされている必要があります。サポートされているコンパイラの最新の一覧については、Supported and Compatible Compilers (サポートされるコンパイラ) Web サイトを参照してください。

MATLAB は、コマンド ライン インターフェイスを介して外部の共有ライブラリにビルドされた C ルーチンにアクセスします。このインターフェイスを使用して外部ライブラリを MATLAB メモリに読み込み、ライブラリ内の関数にアクセスできます。2 つの言語環境間で型が異なる場合でも、通常は型を変換せずに C 関数に渡すことができます。MATLAB が自動的に変換を行います。

共有ライブラリの使用の詳細については、次のトピックを参照してください。

ライブラリ関数が引数を渡す場合は、関数との間で受け渡しを行うデータ型を指定する必要があります。データの詳細については、次のトピックを参照してください。

共有ライブラリの操作の終了後は、必ずライブラリをアンロードしてメモリを解放してください。

参考

| |

関連するトピック