最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

クラスの変更と更新

クラス定義の編集とデバッグ、オブジェクトの更新、クラス エイリアスの作成

MATLAB® は、クラス定義が変更されると、ほとんどの場合それに応答して、クラス定義を再度読み込みます。変更を行った後に clear classes を呼び出す必要はありません。MATLAB で、変更されたクラス定義をサポートするよう既存のオブジェクトを更新することができない場合は、単純にそれらのオブジェクトをクリアします。

クラスのエイリアスとパッケージ名を作成して、名前の変更により互換性を失うことを避けます。

関数

editファイルの編集または作成

トピック

クラスに対するエディターおよびデバッガーの使用

エディターとデバッガーからクラス ファイルにアクセスすると、クラス開発のための効果的な環境が得られます。

変更済みクラスの自動更新

クラス定義を変更すると、MATLAB によりクラスのインスタンスが更新されます。場合によっては、変更を適用する前にクラスを消去しなければなりません。

MATLAB コード アナライザーの警告

MATLAB のコード アナライザーでは、コードを作成する際のガイダンスが提供されます。