最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モノのインターネット (IoT) のデータ

ThingSpeak™ チャネルからの読み取りと同チャネルへの書き込み

ThingSpeak は IoT 解析プラットフォーム サービスであり、これによってクラウドでのライブ データ ストリームの集計、可視化、解析が可能になります。MATLAB® で解析または可視化するために、ThingSpeak チャネルからデータを読み取ることができます。また、MATLAB からチャネルにデータを書き込み、その結果をチャネルに表示することもできます。

関数

thingSpeakReadThingSpeak チャネルに格納されたデータの読み取り
thingSpeakWriteThingSpeak チャネルへのデータの書き込み

トピック

ThingSpeak チャネルにおけるデータの集約

ThingSpeak チャネル内のデータの収集と処理

不規則にサンプリングされたデータの正則化

ThingSpeak™ チャネルのデータのタイムスタンプを更新して不規則性を除去する。

ThingSpeak チャネルから読み取ったデータのプロット

ThingSpeak データの読み取りとプロット

ThingSpeak データの読み取りと、線形近似によるバッテリー放電時間の予測

回帰と予測のためのデータの読み取り