Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

mxSetN (C)

mxArray の列数を設定

C 構文

#include "matrix.h"
void mxSetN(mxArray *pm, mwSize n);

説明

mxSetN は、指定された mxArray の列数を設定します。"列" という用語は、行列の 2 番目の次元を常に意味します。mxSetN を呼び出すと、mxArray は強制的に 2 つの次元をもつようになります。たとえば、pm が 3 つの次元をもつ mxArray を指している場合に mxSetN を呼び出すと、mxArray は 2 次元に削減されます。

通常は mxSetN を使用して、既存の mxArray の形状を変更します。関数 mxSetN が配列 prpiir、または jc のスペースを割り当てたり、割り当て解除したりすることはありません。したがって、mxSetN および mxSetM の呼び出しによって mxArray 内の要素数が増加する場合は、配列 prpiirjc のいずれかまたはすべてを拡大してください。

mxSetM および mxSetN の呼び出しによって mxArray 内の要素数が減少する場合は、配列 prpiirjc のいずれかまたはすべてのサイズを削減して、ヒープ領域をより効率的に使用してください。ただし、サイズの削減は必須ではありません。

入力引数

すべて展開する

mxArray 配列へのポインター。const mxArray* として指定します。

列数。mwSize として指定します。

matlabroot/extern/examples/mx の次の例を参照してください。

matlabroot/extern/examples/refbook の次の例を参照してください。

参考

| |

R2006a より前に導入