Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

mxGetN (C)

C 構文

#include "matrix.h"
size_t mxGetN(const mxArray *pm);

説明

mxGetN は、指定された mxArray の列数を返します。

pm が N 次元の mxArray である場合、mxGetN は 2 から N までの次元の積になります。たとえば、13 x 5 x 4 x 6 の次元をもつ 4 次元の mxArraypm が指し示している場合、mxGetN は値 120 (5 x 4 x 6) を返します。指定された mxArray の次元が 2 より大きい場合は、mxGetDimensions を呼び出して、各次元の要素数を確認します。

pm がスパースの mxArray を指している場合でも、mxGetN はデータのある列の数ではなく、すべての列の数を返します。

入力引数

すべて展開する

mxArray 配列へのポインター。const mxArray* として指定します。

matlabroot/extern/examples/refbook の次の例を参照してください。

matlabroot/extern/examples/mx の次の例を参照してください。

matlabroot/extern/examples/mex の次の例を参照してください。

R2006a より前に導入