Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

mxSetM (C)

mxArray の行数を設定

C 構文

#include "matrix.h"
void mxSetM(mxArray *pm, mwSize m);

説明

mxSetM は、指定された mxArray の行数を設定します。"行" という用語は、次元の数にかかわらず、mxArray の最初の次元を意味します。mxSetN を呼び出して、列数を設定します。

通常は mxSetM を使用して、既存の mxArray の形状を変更します。関数 mxSetM が配列 prpiir、または jc のスペースを割り当てたり、割り当て解除したりすることはありません。したがって、mxSetM および mxSetN の呼び出しによって mxArray 内の要素数が増加する場合は、配列 prpiirjc のいずれかまたはすべてを拡大してください。これらを拡大するには mxRealloc を呼び出します。

mxSetM および mxSetN の呼び出しによって mxArray 内の要素数が減少する場合は、配列 prpiirjc のいずれかまたはすべてのサイズを削減して、ヒープ領域をより効率的に使用してください。ただし、サイズの削減は必須ではありません。

入力引数

すべて展開する

mxArray 配列へのポインター。const mxArray* として指定します。

行数。mwSize として指定します。

matlabroot/extern/examples/mx の次の例を参照してください。

matlabroot/extern/examples/refbook の次の例を参照してください。

R2006a より前に導入