Main Content

クラスターおよびクラウドでのコードの実行

計算負荷の高いコードをスケール アップして既存のクラスターで実行

MATLAB® Parallel Server™ を既存のクラスター インフラストラクチャと統合した後、クラスターで並列コードを実行できます。クラスターを設定する必要がある場合は、MATLAB Parallel Server 入門を参照してください。さらに、クラスター ワークフローの詳細を知るには、この節の例を試してください。

トピック

例および使用方法

概念

  • クラスターとクラウド (Parallel Computing Toolbox)
    クラスター リソースの検出およびクラスター プロファイルの操作
  • 並列計算の解決策の選択 (Parallel Computing Toolbox)
    並列計算の問題を解決するため、MATLAB と Parallel Computing Toolbox™ で提供される最も重要な機能を確認する。

参照アーキテクチャ

ライセンス

関連情報

  • Parallel Computing Toolbox 入門 (Parallel Computing Toolbox)
    Parallel Computing Toolbox では、マルチコア プロセッサ、GPU およびコンピューター クラスターを使用して、計算量やデータ量の多い問題を解くことができます。並列 for ループ、特殊な配列タイプ、並列化された数値アルゴリズムなどの高度な要素により、CUDA または MPI のプログラミングなしに MATLAB アプリケーションを並列化できます。このツールボックスを使用すると、MATLAB および他のツールボックスの並列対応関数を使用できます。このツールボックスを Simulink® と共に使用することで、1 つのモデルの複数のシミュレーションを並列で実行できます。プログラムとモデルは、対話モードおよびバッチ モードの両方で実行できます。
  • クラスターおよびクラウドへのスケーリング