ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

クラスターおよびクラウドでのコードの実行

計算負荷の高いコードをスケール アップして既存のクラスターで実行

MATLAB® Distributed Computing Server™ を既存のクラスター インフラストラクチャと統合した後、クラスターで並列コードを実行できます。クラスターを設定する必要がある場合は、MATLAB Distributed Computing Server 入門を参照してください。さらに、クラスター ワークフローの詳細を知るには、この節の例を試してください。

例および操作のヒント

デスクトップからクラスターへのスケール アップ (Parallel Computing Toolbox)

この例では、ローカル マシンで並列 MATLAB® コードを開発し、クラスターにスケール アップする方法を説明します。

parfor を使用したパラメーター スイープ中のプロット (Parallel Computing Toolbox)

この例では、パラメーター スイープを並列実行して、並列計算中に進行状況をプロットする方法を説明します。

クラスターおよびクラウドへの parfor ループのスケールアップ (Parallel Computing Toolbox)

parfor ループをデスクトップで作成し、コードを変更せずにクラスターにスケール アップする。

概念

クラスターとクラウド (Parallel Computing Toolbox)

クラスター リソースを検出し、クラスター プロファイルを操作する。

並列計算の解決策の選択 (Parallel Computing Toolbox)

並列計算の問題を解決するため、MATLAB と Parallel Computing Toolbox™ で提供される最も重要な機能を確認する。