ネットワーク ネームド ユーザー ライセンスの管理

ネットワーク ネームド ユーザー ライセンス

ネットワーク ネームド ユーザー ライセンスは、1 つのライセンスの管理下で、指定された数のネームド ユーザーがネットワーク上で MathWorks® 製品のインストールと実行を行うことを許可します。承認されたユーザーの一覧は、MathWorks ユーザー名で指定する必要があります。ネットワーク ネームド ユーザー ライセンスには、ライセンスを付与するユーザー数が同じ、または異なる複数の製品を含めることができます。このタイプのライセンスには、ライセンス サーバーが必要です。

ネットワーク ネームド ユーザー ライセンスの管理者には、主に 2 つの目標があります。

ネームド ユーザー ライセンスの設定

承認されたユーザーを指定する方法

ネットワーク ネームド ユーザー ライセンスの場合、MathWorks はネットワーク ライセンス マネージャーのオプション ファイルを使用して、使用権限が割り当てられた特定のネームド ユーザーを識別します。オプション ファイルは、オプション ステートメントが含まれるテキスト ファイルです。オプション ステートメントは、RESERVEINCLUDEEXCLUDEGROUPHOST_GROUP など、オプションを示すキーワードで始まります。

メモ:

ライセンス ファイルと、ネットワーク ライセンス マネージャーのオプション ファイルを混同しないでください。ライセンス ファイルには、インストールして実行するライセンスが付与された各製品の暗号パスコードが含まれます。ネットワーク ライセンス マネージャーのオプション ファイルは、ライセンス マネージャーのオプション ステートメントが含まれるテキスト ファイルです。

ネットワーク ネームド ユーザー ライセンスを保有している場合、製品のインストール後、以下を行う必要があります。

ネットワーク ライセンス マネージャーのオプション ファイルを作成する方法の詳細については、matlabroot/etc/LicenseAdministration.pdf (ここで matlabroot はインストール フォルダーを表す) にある PDF 形式の『ライセンス管理ガイド』を参照してください。

オプション ファイルの確認

インストール処理の一環として、MathWorks インストーラーは MLM.opt という名前のネットワーク ライセンス マネージャーのオプション テンプレート ファイルを、最上位の MATLAB® インストール フォルダーの etc サブフォルダーに作成します。このオプション テンプレートには、インストールと実行のライセンスが付与された製品ごとに INCLUDE 行が 1 行書き込まれます。既定では、インストーラーはインストールを実行した人のユーザー名をこれらの INCLUDE 行に設定します。ユーザーが自分でインストールを実行する場合、オプション ファイルは編集する必要がない場合があります。ただし、ユーザー本人以外がインストールを実行したとき、またはライセンス サーバーが Linux® 上にインストールされている場合にルート権限でインストールを実行したときは、このオプション テンプレートを編集する必要があります。

たとえば、ユーザー名が sysadmin の場合、オプション ファイルは次のようになります。

INCLUDE MATLAB USER sysadmin
INCLUDE Signal_Toolbox USER sysadmin
INCLUDE Optimization_Toolbox USER sysadmin

これらの INCLUDE ステートメントの sysadmin は、ライセンスを付与されたユーザー名に置き換えなければなりません。インストーラーによってオプション ファイルには GROUPCASEINSENSITIVE オプションが含められ、これが ON に設定されるため、ログイン名の大文字と小文字は区別されません。同じ製品について複数のユーザーがライセンスを保有する場合、各ユーザーについて別々の INCLUDE 行を作成するか、GROUP 構文を使用してユーザーを 1 つのグループにまとめ、グループの名前を INCLUDE 行に指定しなければなりません。ユーザーの数はその製品で使用できるライセンス キーの数を超えてはなりません。この例では 2 つの方法を示します。

メモ

オプション ファイルを編集する場合は、各 INCLUDE 行の末尾に余計な空白文字がないことを確認してください。

GROUPCASEINSENSITIVE ON
GROUP matlab_users tom judy mike jean brad
GROUP signal_users tom mike brad
INCLUDE MATLAB GROUP matlab_users
INCLUDE Signal_Toolbox GROUP signal_users
INCLUDE Optimization_Toolbox USER mike
INCLUDE Optimization_Toolbox USER jean

DAEMON 行にオプション ファイルが含まれていることを確認

インストール時にインストーラーでオプション ファイルが作成されると、ライセンス ファイルの DAEMON 行に Options= 構文も追加されます。この構文はオプション ファイルのパス名を指定します。

たとえば、使用しているサーバー名が thunderball で IP アドレスが 144.212.111.103 の場合、ライセンス ファイルの SERVER 行と DAEMON 行は次のようになります。

SERVER thunderball INTERNET=144.212.111.103 27000
DAEMON MLM "C:\Program Files\MATLAB\R2017b\etc\win64\MLM.exe" \
            options="C:\Program Files\MATLAB\R2017b\etc\mlm.opt"

関連するトピック

外部の Web サイト