最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

rsetwrite

イメージ ファイルからの R-Set ファイルの作成

説明

rsetfile = rsetwrite(filename) は、指定された入力から解像度を下げたデータセット (R-Set) ファイルを作成します。入力ファイルは TIFF または NITF イメージ ファイルでなければなりません。関数は、生成した R-Set ファイルを現在の作業フォルダーに書き込みます。このファイルの名前は入力と同じですが、拡張子は rset になります。

rsetfile = rsetwrite(filename,rsetfilename) は、rsetfilename を使用して R-Set ファイルの名前を指定します。

rsetfile = rsetwrite(adapter,rsetfilename) は、ImageAdapter オブジェクト adapter から rsetfilename という名前の R-Set ファイルを作成します。ImageAdapter オブジェクトは、特定のイメージ ファイル形式を読み取る一般的な API と共に関数 rsetwrite を提供するユーザー定義オブジェクトです。ImageAdapter オブジェクトの詳細については、ImageAdapter クラスを参照してください。

すべて折りたたむ

TIFF イメージ ファイルをワークスペースに読み込みます。

filename = 'mandi.tif';

イメージ ファイルから R-Set ファイルを作成します。関数は現在の作業フォルダーに R-Set を作成します。

rsetfile = rsetwrite(filename);

関数 imtool を使用して、R-Set ファイルを表示します。

imtool(rsetfile)

R-Set ファイルを 65% 拡大して空間的なタイルを表示します。

imtool(rsetfile,'InitialMagnification',65);

ImageAdapter オブジェクトを含むファイルをワークスペースに読み込みます。

load('MandiImageAdapter.mat')

作成する R-Set ファイルの名前を指定します。

rsetfilename = 'MandiRSet';

ImageAdapter オブジェクトから R-Set ファイルを作成します。関数は現在の作業フォルダーに R-Set を作成します。

rsetfile = rsetwrite(adapter,rsetfilename)
rsetfile = 
'MandiRSet'

関数 imtool を使用して、R-Set ファイルを表示します。

imtool(rsetfile)

R-Set ファイルを 53% 拡大して空間的なタイルを表示します。

imtool(rsetfile,'InitialMagnification',53)

入力引数

すべて折りたたむ

TIFF または NITF イメージ ファイルの名前。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

データ型: char | string

出力 R-Set ファイルの名前。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。rsetfilename を指定しない場合、filename は R-Set ファイルの名前 rsetfile を設定します。

データ型: char | string

イメージ アダプター オブジェクト。ImageAdapter オブジェクトとして指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

R-Set ファイルの名前。string スカラーとして返されます。この値は、R-Set が格納されるファイルの名前を指定します。

アルゴリズム

rsetwrite は、空間的なタイルにイメージを分割し、異なる解像度レベルのイメージをリサンプリングすることで、R-Set を作成します。R-Set ファイルには完全な解像度のイメージ データの圧縮コピーが含まれます。関数 imtool を使用して、R-Set ファイルを開き、ズーム インし、高い解像度でタイルを表示できます。ズーム アウトすると、関数は低い解像度のタイルを表示します。このように R-Set ファイルでは、イメージの鮮明度とメモリ消費量は、最適なパフォーマンスを得られるようにバランスが取られます。

メモ

  • R-Set の作成時、進行状況バーに完了のステータスが表示されます。完了する前に作成プロセスをキャンセルした場合、関数は R-Set を作成せず、空の rsetfile を返します。

  • rsetwrite は、未圧縮の version 2.0 以降の NITF イメージ ファイルをサポートしています。この関数では、4 つ以上のデータ帯域または浮動小数点データを持つ NITF ファイルはサポートされません。2 つ以上のデータ帯域を持つイメージは、符号なし整数データを含む場合には受け入れられます。

  • 単一の R-Set タイルより小さい次元のイメージから R-Set を作成することができます。ただし、結果として得られる R-Set ファイルが元のファイルより大きくなり、読み込みに時間がかかる場合があります。R-Set 内のタイルの現在のサイズは 512 × 512 ピクセルです。

R2009a で導入