Main Content

imputfile

[イメージの保存] ダイアログ ボックスの表示

説明

[filename,ext,user_canceled] = imputfile は、ファイルの絶対パスと形式を指定できる [イメージの保存] ダイアログ ボックスを表示します。このダイアログ ボックスを使用すると、ファイル システム内のフォルダーに移動して、特定のファイルを選択したり新しいファイルの名前を指定したりできます。imputfile は、このダイアログ ボックスに表示されるファイルのタイプを [ファイルの種類] メニューで選択したイメージ ファイル形式に制限します。

[保存] をクリックすると、imputfilefilename にファイルの絶対パスを返すと共に、[ファイルの種類] メニューで選択されたファイル形式を ext に返します。imputfile は、自動的にファイル名にその拡張子 (.jpg など) を追加します。

[キャンセル] をクリックするか、[イメージの保存] ダイアログ ボックスを閉じると、imputfile は終了して MATLAB® に制御を返すと同時に、user_canceledTrue (1) に設定し、filename および ext を空の文字ベクトル ('') に設定します。そうでない場合、user_canceledFalse (0) です。

メモ

[イメージの保存] ダイアログ ボックスはモーダルで、[保存] をクリックするか操作をキャンセルするまで MATLAB コマンド ラインをブロックします。

すべて折りたたむ

[イメージの保存] ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスはモーダルで、[イメージの保存] ダイアログ ボックスに応答するまで、コマンド ウィンドウの制御が停止します。

[fn, ext, ucancel] = imputfile

Portable Network Graphics 形式のイメージのみを表示するには、[保存タイプ] メニューから形式を選択します。

新しいファイル名を指定し、[保存] をクリックします。imputfile では、指定したファイル名の絶対パス、ファイル拡張子およびブール値 false ([キャンセル] をクリックしなかったことを示す) が返されます。imputfile は、選択された形式のファイル拡張子をファイル名に自動的に追加します。

fn =

  1×37 char array

    '\\home$\Documents\MATLAB\mytest.png'


ext =

  1×3 char array

    'png'


ucancel =

  logical

   0

出力引数

すべて折りたたむ

選択されたファイルの名前。文字配列として返されます。

サポートされているファイル形式のファイル拡張子。文字配列として返されます。

ダイアログのキャンセルが選択されたかどうかを示すフラグ。true または false として返されます。

データ型: logical

バージョン履歴

R2007b で導入