ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

impixelregionpanel

ピクセル領域ツール パネル

構文

hpanel = impixelregionpanel(hparent,himage)

説明

hpanel = impixelregionpanel(hparent,himage) は、ハンドル himage で指定されたターゲット イメージと呼ばれるイメージに関連付けられたピクセル領域ツール パネルを作成します。これは、ピクセルを表示する対象のイメージです。hparent は、ピクセル領域ツール パネルを格納する Figure または uipanel オブジェクトのハンドルです。hpanel は、ピクセル領域ツール スクロール パネルのハンドルです。

ピクセル領域ツールは、ターゲット イメージ内のピクセルの小さな領域を大きくクローズアップした表示を含む uipanel オブジェクトです。ピクセルのサイズによっては、ツールは各ピクセル上で ピクセルの数値を重ねることもできます。調べる領域を定義するために、ツールはターゲット イメージ上にピクセル領域四角形 (pixel region rectangle) と呼ばれる四角形を重ね描きします。異なる領域のピクセルを表示するには、ターゲット イメージ上で四角形をクリック アンド ドラッグします。詳細は、「impixelregion」を参照してください。

メモ:

別の Figure ウィンドウにピクセル領域ツールを作成するには、impixelregion を使用します。

himage = imshow('peppers.png');
hfigure = figure;
hpanel = impixelregionpanel(hfigure, himage);

パネルの位置を Figure の左下の象限に設定します。

set(hpanel, 'Position', [0 0 .5 .5])

R2006a より前に導入

この情報は役に立ちましたか?