Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

fastInScene

シーン内高速大気補正の実施

    説明

    newhcube = fastInScene(hcube) は、入力ハイパースペクトル データ内の大気上端 (TOA) の反射率値から表面反射率値を計算することにより、大気補正されたデータ キューブを返します。補正パラメーターの推定にシーン内の特徴を使用する高速大気補正を実施する場合は、この関数を使用します。

    ハイパースペクトル データが次に該当する場合は、シーン内高速手法により最良の補正結果が得られます。

    • ラジオメトリック キャリブレーションを実施済みの場合

    • 明るさ条件が均一な場合

    • 大きな水塊、雲、または雲の影が含まれていない場合

    • ベースライン スペクトルの近似値を計算するのに十分な量の暗いピクセルを含む場合

    • 土、水、植物、人工建造物などの異種混合領域を含む場合。この手法では、複数の異なるエンドメンバー スペクトルの平均反射スペクトルはシーンに依存しないと仮定します。

    メモ

    この関数には Image Processing Toolbox™ Hyperspectral Imaging Library が必要です。Image Processing Toolbox Hyperspectral Imaging Library はアドオン エクスプローラーからインストールできます。アドオンのインストールの詳細については、アドオンの入手と管理を参照してください。

    すべて折りたたむ

    ハイパースペクトル データをワークスペースに読み取ります。

    inputCube = hypercube('EO1H0440342002212110PY_cropped.dat');

    ハイパースペクトル データ キューブから S/N 比 (SNR) の低いバンドを削除します。

    inputCube = removeBands(inputCube,'BandNumber',find(~inputCube.Metadata.BadBands));

    デジタル値 (DN) を大気上端 (TOA) の反射率値に変換します。

    inputCube = dn2reflectance(inputCube);

    シーン内の特徴に基づき、入力ハイパースペクトル データから大気効果を削除します。

    correctedCube = fastInScene(inputCube);

    入力引数

    すべて折りたたむ

    入力ハイパースペクトル データ。hypercube オブジェクトとして指定します。hypercube オブジェクトの DataCube プロパティにはハイパースペクトル データ キューブが格納されます。より良い結果を得るには、入力値が TOA の反射率値でなければなりません。入力値がデジタル値の場合は、関数 dn2reflectance を使用して TOA の反射率値を推定します。

    出力引数

    すべて折りたたむ

    出力ハイパースペクトル データ。hypercube オブジェクトとして返されます。出力で返されるデータ キューブのピクセル値は、表面反射率値を指定します。

    参照

    [1] Bernstein, L.S., S.M. Adler-Golden, R.L. Sundberg, R.Y. Levine, T.C. Perkins, A. Berk, A.J. Ratkowski, G. Felde, and M.L. Hoke. “A New Method for Atmospheric Correction and Aerosol Optical Property Retrieval for VIS-SWIR Multi- and Hyperspectral Imaging Sensors: QUAC (QUick Atmospheric Correction).” In Proceedings. 2005 IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium, 2005. IGARSS ’05., 5:3549–52. Seoul, Korea: IEEE, 2005. https://doi.org/10.1109/IGARSS.2005.1526613.

    R2020b で導入