Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

dlresize

dlarray の空間次元をサイズ変更

説明

Y = dlresize(X,'Scale',scale) は、dlarray オブジェクト X の空間次元をスケール係数 scale でサイズ変更します。

Y = dlresize(X,'OutputSize',outputSize) は、空間次元のサイズが outputSize と等しくなるように dlarray オブジェクト X の空間次元をサイズ変更します。

Y = dlresize(___,Name,Value) は、名前と値のペアの引数を使用してサイズ変更操作を調整します。X が書式付き dlarray ではない場合、名前と値のペアの引数 DataFormat を指定しなければなりません。

すべて折りたたむ

RGB イメージを読み取ります。

A = imread('peppers.png');

dlarray で使用するためにイメージをデータ型 single に変換します。次に、入力イメージを含む dlarray を作成します。

A = im2single(A);
dlarrayA = dlarray(A,'SSC');

dlarray を係数 1.5 で垂直方向に再スケーリングします。

dlarrayB = dlresize(dlarrayA,'Scale',[1.5 1]);

関数 extractdata (Deep Learning Toolbox) を使用して、サイズ変更した dlarray B からイメージ データを抽出します。

B = extractdata(dlarrayB);

元のイメージとサイズ変更したイメージをモンタージュとして表示します。

montage({A,B},"ThumbnailSize",size(B,[1 2]), ...
    "BorderSize",10,"BackgroundColor","white")

入力引数

すべて折りたたむ

サイズ変更する深層学習配列。dlarray (Deep Learning Toolbox) オブジェクトとして指定します。

入力をサイズ変更するスケール係数。正の数値または X の空間次元の数と長さが等しい正の数値のベクトルとして指定します。scale がスカラーの場合、dlresize は同じスケール係数をすべての空間次元に適用します。

サイズ変更した入力の出力サイズ。X の空間次元の数と長さが等しい正の整数のベクトルとして指定します。1 つの要素を正の整数として指定し、その他の要素を NaN として指定できます。その場合、層はその他の要素を自動的に計算し、入力の縦横比を維持します。

名前と値のペアの引数

オプションの引数 Name,Value のコンマ区切りペアを指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を、任意の順番で指定できます。

例: 'Method',linear

入力 dlarray オブジェクト X の次元ラベル。'DataFormat' と string スカラーまたは文字ベクトルで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。fmt の各文字は次のラベルのいずれかでなければなりません。

  • S — 空間

  • C — チャネル

  • B — バッチ観測値

  • T — 時間またはシーケンス

  • U — 指定なし

X が書式付き dlarray ではない場合、名前と値のペアの引数 DataFormat を指定しなければなりません。詳細については、dlarray (Deep Learning Toolbox) を参照してください。

例: 'SSC' は、2 次元 RGB イメージ データに適した 2 つの空間次元と 1 つのチャネル次元が配列にあることを示します。

内挿法。'Method' と、最近傍内挿の場合は "nearest"、双一次内挿の場合は "linear" で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

入力空間から出力空間へ点をマッピングする幾何学的変換モード。'GeometricTransformMode' と、"half-pixel" または "asymmetric" で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

最近傍内挿の丸めモード。'NearestRoundingMode' と次のいずれかで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

  • "round" — MATLAB® 関数 round と同じ丸め動作を使用します。

  • "floor" — MATLAB 関数 floor と同じ丸め動作を使用します。

  • "onnx-10" — ONNX™ (Open Neural Network Exchange) opset 10 Resize 演算子と同じサイズ変更動作を再現します。

この引数は、Method'nearest' として指定するときに使用されます。

出力引数

すべて折りたたむ

サイズ変更された深層学習配列。dlarray (Deep Learning Toolbox) オブジェクトとして返されます。

拡張機能

参考

(Deep Learning Toolbox) | (Deep Learning Toolbox) | (Deep Learning Toolbox)

R2020b で導入