Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

extractdata

dlarray からのデータの抽出

説明

y = extractdata(dlX) は、dlarray dlX にデータを返します。出力 ydlX のデータと同じデータ型をもち、ラベルは付いていません。

すべて折りたたむ

'SS' というラベルが付けられた logical dlarray を作成します。

rng default % For reproducibility
dlX = dlarray(rand(4,3) > 0.5,'SS')
dlX = 
  4(S) x 3(S) logical dlarray

   1   1   1
   1   0   1
   0   0   0
   1   1   1

dlX からデータを抽出します。

y = extractdata(dlX)
y = 4x3 logical array

   1   1   1
   1   0   1
   0   0   0
   1   1   1

入力引数

すべて折りたたむ

入力 dlarraydlarray オブジェクトとして指定します。

例: dlX = dlarray(randn(50,3),'SC')

出力引数

すべて折りたたむ

データ配列。single 配列、double 配列、logical 配列、あるいはこれらのいずれかの配列型の gpuArray として返されます。出力 y のデータ型は、dlX における基となるデータ型と同じです。出力 y にラベルは付いていません。

ヒント

  • ラベル付けによる暗黙的な順列が dlX に含まれている場合、y は明示的な順列をもちます。

  • 出力 y に導関数の計算に関するトレースは含まれません。微分のトレースを参照してください。

拡張機能

参考

| (Parallel Computing Toolbox)

R2019b で導入