Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

色のしきい値

カラー イメージのしきい値処理

説明

色のしきい値アプリでは、さまざまな色空間に基づいてカラー チャネルをしきい値処理してカラー イメージをセグメント化できます。このアプリを使用して、カラー イメージのバイナリ セグメンテーション マスクを作成できます。

色のしきい値は 4 つの色空間のセグメンテーションをサポートしています。それぞれの色空間で、このアプリは、イメージ、3 つのカラー チャネル、および 3 次元色空間のプロットにすべてのピクセルのカラー値を点として表示します。カラー チャネルの値をウィンドウ処理するか、イメージ内または 3 次元色空間のプロット内に ROI を描画することで、マスクに含まれている色を選択できます。アプリの使用例については、色のしきい値アプリを使用したイメージのセグメント化およびマスクの作成を参照してください。

色空間カラー チャネルしきい値処理のコントロール
RGB

HSV

YCbCr

L*a*b*

Color Thresholder app

色のしきい値 アプリを開く

  • MATLAB® ツールストリップ: [アプリ] タブで [イメージ処理とコンピューター ビジョン] の下にある [色のしきい値] アプリ アイコンをクリックします。

  • MATLAB コマンド プロンプトから、プログラムでの使用で説明している構文で関数 colorThresholder を使用します。

プログラムによる使用

すべて展開する

colorThresholder は、色のしきい値を開きます。このアプリでは、さまざまな色空間で試行しながらカラー イメージのセグメンテーション マスクを作成することができます。

colorThresholder(RGB) は、色のしきい値を開き、イメージ RGB を読み込みます。

colorThresholder close は、色のしきい値アプリの開いているすべてのインスタンスを閉じます。

R2014a で導入