Main Content

isequal

(非推奨) 2 つの bigimage オブジェクトの同等性の比較

bigimage オブジェクトの関数 isequal は推奨されません。代わりに、blockedImage オブジェクトを使用してください。詳細については、互換性の考慮事項を参照してください。

説明

大きなイメージ bigimg1bigimg2 で空間参照、基となるデータ型、およびブロック サイズが同じ場合、tf = isequal(bigimg1,bigimg2)true を返します。メタデータが等しい場合のみピクセル値が比較され、異なるピクセル値が見つかると比較は途中で終了します。isequal は、ファイル名、マスク、その他のクラス プロパティを考慮しません。

入力引数

すべて折りたたむ

最初の大きなイメージ。bigimage オブジェクトとして指定します。

2 番目の大きなイメージ。bigimage オブジェクトとして指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

大きなイメージ bigimg1bigimg2 が同等。logical スカラーとして返されます。

データ型: logical

バージョン履歴

R2019b で導入

すべて展開する