Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

getRegion

大きなイメージの任意の領域の読み取り

説明

data = getRegion(bigimg,level,regionStartWorld,regionEndWorld) は、指定された解像度レベルで bigimg 内の大きなイメージ データを読み取ります。この関数は、regionStartWorldregionEndWorld (両端を含む) で指定された四角形領域の境界に接触する範囲をもつか、境界内にある範囲をもつ、すべてのピクセルを返します。

すべて折りたたむ

CAMELYON16 データセットのイメージ "tumor_091.tif" の変更したバージョンを使用して bigimage を作成します。元のイメージは、腫瘍組織が含まれるリンパ節の学習イメージです。元のイメージには 8 つの解像度レベルがあり、最も細かいレベルの解像度は 53760 x 61440 です。変更したイメージには、3 つの粗い解像度レベルのみが含まれています。変更したイメージの空間参照は、縦横比が一定に維持され、各レベルで特徴がレジストレーションされるように調整されています。

bim = bigimage('tumor_091R.tif');

最も細かい解像度レベルで bigimage 全体を表示します。

bshow = bigimageshow(bim);

Figure contains an axes. The axes contains an object of type bigimageshow.

最も細かい解像度レベルに対して水平方向と垂直方向の開始座標と終了座標を指定することにより、四角形の領域を定義します。

xyStart = [2100,1800];
xyEnd = [2600,2300];

各解像度レベルで bigimage の領域を取得します。

imL1 = getRegion(bim,1,xyStart,xyEnd);
imL2 = getRegion(bim,2,xyStart,xyEnd);
imL3 = getRegion(bim,3,xyStart,xyEnd);

3 つの領域をモンタージュに表示します。最も細かい解像度レベルは左側、最も粗い解像度レベルは右側です。

montage({imL1,imL2,imL3},'Size',[1 3], ...
    'BorderSize',5,'BackgroundColor','w');

Figure contains an axes. The axes contains an object of type image.

入力引数

すべて折りたたむ

大きなイメージ。bigimage オブジェクトとして指定します。

解像度レベル。bigimg の解像度レベル値以下の正の整数として指定します。

読み取る四角形領域の左上の座標。[x y] 形式の 1 行 2 列の数値ベクトルとして指定します。場所はワールド座標、つまり最も高い解像度レベルに対するピクセル位置で指定されます。

読み取る四角形領域の右下の座標。[x y] 形式の 1 行 2 列の数値ベクトルとして指定します。場所はワールド座標、つまり最も高い解像度レベルに対するピクセル位置で指定されます。

出力引数

すべて折りたたむ

ピクセル データ。大きなイメージ bigimg.ClassUnderlying と同じデータ型の数値配列として返されます。

R2019b で導入