Main Content

このページは機械翻訳を使用して翻訳されました。最新版の英語を参照するには、ここをクリックします。

クロスネットワーク協調シミュレーション

クロスネットワーク協調シミュレーションを実行する理由

セットアップがMATLAB®およびSimulink®ソフトウェアを実行する 1 台のマシンと、HDL シミュレータを実行する別のマシンで構成されている場合、クロスネットワーク協調シミュレーションを実行できます。通常、 Windows®プラットフォーム マシンはMATLABおよびSimulinkソフトウェアを実行し、 Linux®マシンはHDL シミュレータを実行します。ただし、これらの手順は、 HDL Verifier™と HDL シミュレータがサポートするプラットフォームの任意の組み合わせに適用されます。

Vivado®協調シミュレーションは、共有 DLL を使用した単一プロセスとして実行されるため、クロスネットワーク協調シミュレーションはサポートされません。

クロスネットワーク協調シミュレーションの準備

HDL シミュレーターとネットワーク経由のMATLABまたはSimulink の間で協調シミュレーションを行う前に、次の手順を実行します。

  1. 設計ファイルとテスト ファイルを作成します。

     ModelSimユーザー

     Xceliumユーザー

  2. HDL シミュレータを使用してHDL Verifierライブラリをマシンにコピーします

    1. MATLABをインストールしたシステムに移動します。次に、 MATLABディストリビューション内で、 HDL Verifierライブラリが存在するフォルダーを見つけます。

      通常、ライブラリはデフォルトのインストールフォルダーにあります。

      matlabroot/toolbox/edalink/extensions/adaptor/platform/productlibraryname_
      compiler_tag.ext

      ここで、次の表に示されている変数には、示されている値が含まれています。

      変数
      matlabrootMATLABソフトウェアをインストールした場所。デフォルト値はMATLAB/versionで、バージョンはインストールされているリリース (R2009a など) です。
      adaptorincisive または modelsim
      platformHDL シミュレーターを備えたマシンのオペレーティング システム (例: linux32 )。(詳細については、協調シミュレーションライブラリを参照)。
      productlibrarynameMATLABおよびSimulinkのライブラリ ファイルの名前 (たとえば、 liblfmhdlcliblfmhdls ) ModelSim®ユーザーの場合、 liblfihdlcliblfihdlsの場合、 Xcelium™ユーザー)。協調シミュレーションライブラリを参照してください。
      compiler_tagライブラリの作成に使用されたコンパイラ (たとえば、 gcc32またはspro)。詳細については、協調シミュレーションライブラリを参照してください。
      extdll (ダイナミック リンク ライブラリ- Windowsのみ) またはso (共有ライブラリ拡張)

      同梱されているすべてのHDL Verifier HDL 共有ライブラリのリストについては、 「 デフォルトのライブラリ 」を参照してください。

    2. MATLABマシンから、使用する予定のHDL Verifierライブラリ (手順 2 で決定したライブラリ) を、HDL シミュレータをインストールしたマシンにコピーします。ライブラリをコピーした場所をメモしておきます。この情報は、実際に HDL シミュレーターへの接続を確立するときに必要になります。この例では、サンプル コードでは宛先フォルダーをHDLSERVER_LIB_LOCATIONとして参照します。

MATLABと協調シミュレーションを行う場合は、 MATLABを使用したクロスネットワーク協調シミュレーションの実行を参照してください。Simulinkと協調シミュレーションしたい場合は、 Simulinkを使用したクロスネットワーク協調シミュレーションの実行を参照してください。

MATLABを使用したクロスネットワーク協調シミュレーションの実行

ネットワーク経由で HDL シミュレータからMATLAB への協調シミュレーション セッションを実行するには、次の手順に従います。

 ModelSimユーザー

 Xceliumユーザー

Simulinkを使用したクロスネットワーク協調シミュレーションの実行

HDL シミュレータからSimulinkへの協調シミュレーション セッションをネットワーク経由で実行する場合は、次の手順に従います。

 ModelSimユーザー

 Xceliumユーザー

次に、シミュレーションを実行し、ブロックを追加するか、その他の必要な変更を加えます。Simulinkと協調シミュレーション用の HDL シミュレーターの使用方法については、 テストベンチとしてのSimulinkまたはSimulinkによるコンポーネント シミュレーションを参照してください。