Main Content

このページは機械翻訳を使用して翻訳されました。最新版の英語を参照するには、ここをクリックします。

hdlsimmatlabsysobj

Cadence XceliumおよびMATLAB System objectとの協調シミュレーション用にインスタンス化された HDL モジュールをロードします

説明

メモ

このコマンドは、 Cadence®ではなく、 Xcelium™ MATLAB®で使用してください。

hdlsimmatlabsysobj instance は、コシミュレーション用に HDL デザインの指定されたインスタンスをロードし、 Cadence Xcelium をセットアップしてとの共有通信リンクを確立します。 $MATLAB System object™。 Xceliumはシミュレーション ワークスペースを開き、HDL モジュール パッケージとアーキテクチャをロードするときにコマンド ウィンドウに一連のメッセージを表示します。

hdlsimmatlabsysobj関数を生成するには、まず MATLABnclaunch関数を実行する必要があります。

hdlsimmatlabsysobj instance <xmsim_args> は、追加のXceliumコマンド ライン引数を使用します。

hdlsimmatlabsysobj instance -socket tcp_spec <xmsim_args> は、伝送制御プロトコル (TCP) ソケットを介してMATLAB System objectとの通信リンクを確立します。この設定は、 MATLAB nclaunch関数で指定された設定をオーバーライドします。

すべて折りたたむ

Xceliumで、ライブラリparse work をロードし、 MATLABとの通信を確立します。 $ System object。

 tclshell> hdlsimmatlabsysobj -gui work.parse

入力引数

すべて折りたたむ

協調シミュレーションのためにロードする HDL モジュールのインスタンス。

xmsimコマンド引数 ( Xceliumで必要)。詳細については、 xmsim Xcelium の説明を参照してください。

XceliumとMATLABの間のリンクの TCP/IP ソケット通信。TCP/IP ポート名またはサービス名として指定します。MATLABサーバーがリモート ホスト上で実行されている場合は、リモート ホストの名前またはインターネット アドレスも指定する必要があります。この入力引数が指定されていない場合、関数は共有メモリ通信を使用します。この設定は、 MATLAB nclaunch関数で指定された設定をオーバーライドします。

バージョン履歴

R2012b で導入